コスカシバ

 

特徴
 枝の割れ目や傷跡などに産卵する。ふ化幼虫は樹皮下に食入し樹勢低下や枯死の要因となる。

 羽化時期は4月~11月で6~7月と9~10月にピークがある。

 幼虫で越冬する。

 

防除方法
 フェロモン剤(スカシバコン)を4月下旬~5月上旬に枝にくくりつける。
 フェロモン剤は地域全体での集団設置が必要である。

 

コスカシバの被害痕

幼虫

↑コスカシバの被害痕

↑コスカシバの幼虫