キクイムシ

 

特徴
 主な加害種はハンノキキクイムシとサクセスキクイムシである。
 両種とも、樹に侵入後、坑道内にアンブロシア菌を繁殖させ菌を食べて生長する。この菌によって樹が枯死する。
 加害された樹はアルコール臭を発生させる。

 

防除方法
 被害樹は発生源になるので伐採し、処分する。

 

木屑

キクイムシ成虫

↑枝幹部に排出された木屑
木屑には線香状のものと粉状のものがある。

↑サクセスキクイムシの成虫