果樹カメムシ類

特徴
 主な加害種はチャバネアオカメムシ、ツヤアオカメムシ、クサギカメムシである。
 落葉の下などで成虫越冬する。越冬量が多い場合は、春先に飛来しウメを加害することがある 果実を吸汁してヤニをふかせ たり、落果させたりする。新梢を吸汁してしおれさせることもある。

防除方法
 発生予察情報に基づき、多発が予想されるときはこまめに園地を見回り、早期防除に努める。

ツヤアオカメムシ

やに果

↑ウメ果実を吸汁するツヤアオカメムシ成虫

↑吸汁されヤニをふいた果実