灰色かび病

 

病原

 Botrytis cinerea

 

特徴

 【発病部位】

  花弁、がく、果実

 【伝染源】

  雑草などの罹病植物

 【発生生態】

  分生子は、まず花弁やがくに感染し増殖した後果実に感染する。

  南高に比べがく落ちの遅い古城や小梅などで発生が多い。

  収穫期(6月上中旬)に雨が続き、低温に経過すると、幼果期と異なり、斑点状で果肉深くまで軟腐する症状が

  発生することがある。

 【多発条件】
  落弁期から花殻離脱期にかけての曇天、多雨により多発する。

 

防除方法
 園内の日当たり、風通しを改善する。
 落弁期(3月下旬)に薬剤散布する。

 

灰色かび病

↑幼果の病斑
輪紋をともなう円形病斑ができ、拡大し陥没する。
感染した果実は落果することが多い。