現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 農林水産総務課 研究推進室 > 果樹試験場 > 話題の品種

話題の品種|果樹試験場

■YN26
YN26 YN26
(わいえぬ26)

・来歴:
  2001年に和歌山県果樹試験場においてゆら早生に紅まどかの花粉を授粉し、得られた珠心胚実生の中から、着色・減酸が早く、早期に収穫可能な個体として選抜した。栽培は和歌山県内に限られる。

・品種登録日:2012年1月20日

・特徴:
  ゆら早生と比較して熟期が早く、9月下旬頃に収穫できる極早生温州ミカン。樹勢はやや強く、苗木や高接ぎ当初はトゲの発生が見られる。

・成果:
 ・ウンシュウミカン新品種「YN26」の初期生育は「ゆら早生」よりも優れる(平成26年度)
 ・温州ミカン新品種「YN26」の品種特性と栽培上の注意点(平成26年度)
 ・「ゆら早生」 より早熟な極早生温州ミカン 「YN26」 の育成(平成20年度)


 

■きゅうき
きゅうき きゅうき

・来歴:
  2004年に向山温州の一樹変異として有田市宮原町で発見された。調査の結果、対照品種や他の枝変わり個体と比較して安定して浮皮が少なかったため、有望個体として選抜した。栽培は和歌山県内に限られる。

・品種登録日:2014年2月27日

・特徴:
  「向山温州」と比較して、着色がやや早く浮皮が少ない中生温州ミカン。葉はやや小さく、樹勢はやや弱い。

・成果:
  ・浮皮しにくい中生ウンシュウミカン‘きゅうき’の特性(平成24年度)
  ・温州ミカン新品種‘きゅうき’の品種特性と導入にあたっての注意点(平成27年度)

 


■津之望
津之望 津之望
(つののぞみ)

・来歴:
  国立研究法人農研機構果樹研究所(口之津拠点)で育成された品種。清見×アンコールの掛け合わせで、せとかの母親に当たる品種。

・品種登録日:2011年5月24日

・特徴:
  12月中下旬に収穫可能な早生カンキツ。浮皮はほとんど見られず、完全種子はほとんど入らない。トゲは短く、連年結果するため栽培は容易である。

詳細:(外部リンク:農研機構果樹研究所HPへ)

・成果:
 ・カンキツ新品種「津之望(つののぞみ)」の果実特性(平成26年度 P3)
 ・年内収穫可能で良食味な「津之望(つののぞみ)」の果実特性(平成25年度)



■みはや
みはや みはや

・来歴:
  国立研究法人農研機構果樹研究所(口之津拠点)で育成された品種。掛け合わせは津之望×{(アンコール×興津早生)×(清見×イヨカン)}。

・品種登録日:2014年9月30日

・特徴:
  11月下旬に収穫可能な早生カンキツ。果皮が赤く浮皮はほとんど見られない。減酸が早いため、食べやすい品種。

詳細:(外部リンク:農研機構果樹研究所HPへ)



■あすみ
あすみ あすみ

・来歴:
  国立研究法人農研機構果樹研究所(興津拠点)で育成された品種。掛け合わせは(スイートスプリング×トロビタオレンジ)×はるみ。

・品種登録日:2014年9月30日

・特徴:
  1月下旬に収穫可能な中晩柑。安定して糖度が高く、さくさくした食感。施設栽培に向いている。 

詳細:(外部リンク:農研機構果樹研究所HPへ)



■璃の香
りのか りのか
(りのか)

・来歴:
 国立研究法人農研機構果樹研究所(興津拠点)で育成された品種。掛け合わせはリスボンレモン×日向夏。

・品種登録日:2015年3月20日

・特徴:
  11月下旬に収穫可能な早生のレモン品種。既存のレモンと比較して、大果でかいよう病に強い。また、果皮が薄くまろやかな酸味。 

詳細:(外部リンク:農研機構果樹研究所HPへ)