熊野の香り
熊野杉芝原 アロマオイル

生産者:
株式会社エムアファブリー/新宮市

杉なのになぜか柑橘系
男性にも人気の森のアロマ

『熊野の香り 熊野杉芝原 アロマオイル』。原材料は杉の枝葉だけという、混じりっけなしの100%杉アロマオイルです。
さっそく香りを試してみると、まず感じるのは意外にもレモンのような柑橘系の香り。「あれ?」と思うまもなく、後から立ち上がってくるのは、確かに「杉」。これはちょっと不思議です。

「すぐには素材が杉と気づかない人も多いんですよ」そう語るのは生産者のエムアファブリーのプロジェクトマネージャー、堀由起さん。代表の竹原真奈美さんとともに、このアロマオイルを世に送り出しています。
杉のアロマ、ちょっと奥が深そうです。

杉の個性を見極め、試行錯誤を経て商品化へ

エムアファブリーは和歌山県の南西、三重県のすぐ隣の新宮市にあるリラクゼーションルーム。アロマオイルを使ったボディケアなどを提供していましたが、自らオイルづくりに乗り出しました。
アロマオイルは植物から抽出した天然の香り。中でも竹原さんが着目したのは、故郷の自然の恵みである熊野の杉や檜でした。ところが………

「杉も檜も小さい頃からとても身近な存在だったのに、それに種類があることも知らなかったんです。森林組合の方にずいぶん教わりました」(竹原さん)
実は杉と一口に言っても、芝原、よしべえ、さんご、雲外など幾つも種類があり、それぞれに特徴があるとのこと。小型蒸留器を導入し、堀さんとともに試作が始まりました。

山深い伐採場から採取した熊野杉・芝原の枝葉。
これをお湯をはった釜につめ、加熱・蒸留します。

幹の部分を抽出すると、新築の家のような木の香りのアロマオイルが生まれます。興味深いのは、枝葉はどの種類の杉も蒸留前には柑橘系に通じる香りがあること。しかしオイルとして抽出してもそれが持続するのは、「芝原」だけでした。さらに蒸留する際の温度、抽出時間、さまざまな試行錯誤が続いたのでした。
こうしてエムアファブリーの第1号アロマ商品、『熊野の香り 熊野杉芝原 アロマオイル』は誕生しています。

蒸留器から静かに一滴ずつ杉のアロマが現れます。上部の色がついた部分がオイルで、下の部分がアロマウォーター。比重が違うため、分離しながら溜まっていきます。

手づくり、そして天然素材100%だから安心できる

36リットルの大釜で杉の枝葉を加熱・蒸留すること3時間。一滴ずつ、ゆっくりとアロマオイルは生まれていきます。一回の蒸留で出来るのは、アロマウォーターが2リットル。オイルはわずか20mlにしか過ぎません(製品にして4本分!)。作業場にはクーラーがなく、夏の苦労がしのばれます。まさに手づくりですが、自分たちでつくることの喜びを竹原さんはこう語ります。
「何より安心ですよね。どんな風に育てられたか知っている地元の木が原料で、それ以外は何も加えずにつくっているんですから」

フレグランス製品は女性イメージが強いものですが、“芝原アロマオイル”は男性にも人気だそうです。昔から木に囲まれてきた日本人にとっては、もしかしたら、もっとも身近なアロマオイルなのかもしれません。
(2015年11月取材)

作業場での代表の竹原真奈美さん(左)とプロジェクトマネージャーの堀由起さん。実はここは空き家になっていた竹原さんの祖母の家の縁側。軒を伸ばし、周りを囲って作業場にしています。作業場も実に手づくりでした。

商品名 熊野の香り 熊野杉芝原 アロマオイル
生産・製造業者名 株式会社エムアファブリー(外部リンク)
所在地 〒647-0043 和歌山県新宮市緑ヶ丘3-1-29
TEL 0735-22-0662