現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 企業振興課 > 和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)推奨制度

プレミア和歌山

まぐろ | 和歌山県がお勧めするお土産、物産、観光資産

プレミア和歌山についてプレミア和歌山カタログプレミア和歌山マップ事業者様向け情報

ホーム>まぐろ

まぐろ

新鮮さが自慢 水揚げ高日本一 紀州勝浦産生まぐろ

三方を山で囲まれ、熊野灘の荒波から守られた勝浦漁港は、古くから知られる良港です。黒潮海流と寒流がぶつかる和歌山沖は、マグロの餌となる小魚が豊富。そのため脂ののった品質の良いマグロが育ちます。明治時代から漁業が盛んな同漁港は当時、サンマ漁で近畿最大を誇り、2回程日本一にもなったこともあります。戦後、この様に水産業の下地が出来た同漁港に全国のマグロの漁業者が集まったことが原動力となり、生まぐろ日本一の漁港へと発展しました。また、沿岸に生息する魚介類も豊富で地元はもちろんのこと県内外でも「紀州勝浦産」として消費者の信頼を得るようになりました。

水揚げされる種類は主にくろまぐろ、めばちまぐろ、きはだまぐろ、びんながまぐろの4種類。新鮮なまぐろは全国に出荷しています。特に東京、名古屋、大阪などの中央卸売り市場や量販店、小売業者、飲食店などに出荷しています。漁獲量は年間を通しておよそ11000トンになります。

紀州勝浦産生まぐろは、100%はえ縄漁船による天然まぐろであり漁獲されたまぐろを一本一本丁寧に活け締め処理し、船内において冷水保存(氷温)することにより漁獲された直後の新鮮さと品質を保ったまぐろです。漁業者の長年の努力と研究により品質保持され、仲買人の厳しい目利きによる選りすぐられたまぐろは、非常に高く評価されています。

勝浦漁業協同組合さんを訪ねました!

紀州勝浦産生まぐろの美味しさを全国に発信したい!

紀州勝浦産生まぐろ

江戸時代、まぐろが背中を海面から出して泳いでいる姿を見た漁師が「真黒」と名付けたのがその名の由来だそう。

紀州勝浦産生まぐろ

水揚げされたばかりのまぐろ。重量別、鮮度別に並べられる。

紀州勝浦産生まぐろ

勝浦漁港オリジナルの「紀州勝浦産生まぐろ」のステッカーが貼られている。

紀州勝浦産生まぐろ

早朝から始まる入札は、まぐろが無くなるまで行われる。

紀州勝浦産生まぐろ

仲買人はじっくりまぐろを目利きし、札を入れる。

まぐろが美味しい時期は周年。種類によっても異なりますが特に1月~4月です。身の色が鮮やかな赤色ならば新鮮な証拠。逆に黒みがかると鮮度が落ちています。

はえ縄漁法は日本で開発された釣り漁法の一種です。巻き網やその他の網漁法のように魚の群を一網打尽に取り尽くすのではないので、資源にやさしい漁法として世界中に知られています。

市場に水揚げされたマグロには、オリジナルのステッカーの他、水揚げ日や漁船名、漁場などの産地情報を入力した携帯電話のQRコードを付けています。産地情報の明示で安心を求める消費者に応えています。

そして、那智勝浦町では、同漁協が中心となって「マグロの町」づくりに力を入れています。「紀州勝浦産生まぐろ」をブランド化し、全国にその美味しさ、良さを知って頂きたいと考えています。また、オリジナルまぐろ缶詰づくりができる「まぐろ体験CAN」や勝浦市場の中身を知ってもらおうと、まぐろ市場体験ツアーを行っております。勝浦まぐろに親しみを持ってもらい、まぐろ自体をより良く知ってもらえれば嬉しいです。

紀州勝浦産生まぐろ

紀州南高梅

湯浅醤油

備長炭

まぐろ

観光資産

プレミア和歌山モバイル

QRコード

プレミア和歌山モバイル版では、待ち受けFlashを配信中です。

わいわい市場

こだわりプレミア和歌山