現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 企業振興課 > 和歌山県優良県産品(プレミア和歌山)推奨制度

プレミア和歌山

観光資産 | 和歌山県がお勧めするお土産、物産、観光資産

プレミア和歌山についてプレミア和歌山カタログプレミア和歌山マップ事業者様向け情報

ホーム>観光資産

観光資産

声を上げ 血気盛んに 力をふるう 地域に根付いた伝統の“まつり”

狩りの獲物や五穀豊穣に対する感謝、天災の脅威をしずめる祈りから始まったとされる「祭り」。はるか昔からおこなわれてきた我々と自然とを繋ぐ営みです。山や海、川など多くの自然が主体となって生活をしてきた和歌山県でも昔から地震や豪雨など様々な災害が起りました。そういった自然に対する恐れや、敬いの心が今日まで大切に受け継がれているのです。

和歌山県には、自然崇拝からおこった霊場が数多くあり、古くから生命力に満ちた森に鎮座する神々(=自然そのもの)を崇め信仰してきました。中でも熊野三山の、「那智の大滝」や奇岩怪石「ごとびき岩」などが広く知られています。

また、神社や寺が神々を祭るための社(やしろ)として建てられると、それらを中心にし、祭事としての「祭り」をとり行うようになり、地域住民のコミュニケーションの場としての役割を果たすようになってゆきました。祭りはこのような経緯をたどり、変化をしながら、現代でも毎年各地でさまざまな祭りがその地域の風物詩として行われ、地元や伝統などに親しむ良い機会になっています。

熊野御燈祭 | 熊野速玉祭 | 熊野那智大社例大祭 | 粉河祭

火への恩恵に感謝

熊野の神々が降臨した巨岩のご神体「ごとびき岩」のある神倉神社の例祭「御燈祭」。火という恵みへの感謝と畏敬の念を表します。当日、上り子が身につけるものは全て白。口にするのも白いものに限られ白飯、白いかまぼこ、豆腐などを食します。そして阿須賀神社・熊野速玉大社を参拝した後、神倉山へ。いよいよ御神火を移した大勢の上り子らは、松明を手に、山頂からの急な石段538段を飛ぶように駆け下ります。その姿が火の波のようにも見える幻想的な祭りです。

エリア 東牟婁地域 新宮市
観光協会 新宮市観光協会 新宮市徐福2-1-1
電話番号 0732-22-2840
情報 昭和39年5月28日県指定 無形民俗文化財
開催時期 毎年2月6日夜
関連リンク http://www.shinguu.jp/ (外部リンク)

熊野の神 君臨のありさま

それぞれ熊野速玉大社の中心的な神々である熊野速玉大神・熊野夫須美大神の二神が来臨した姿を演じる祭礼。両神事とも発生年代は神代に遡ると考えられています。10月15日には、熊野速玉大社の神職や氏子の行列が神馬でお旅所を巡る「神馬渡御式」、16日には、1800年以上の伝統を持つ夫須美大神の大祭「御船祭」が行われます。全国に類をみない9隻もの早船がカイビキをきしませ、熊野川の御船島を3周します。若者たちが互いの意地をかけて速さを競い、突き進む様子は迫力満点。

エリア 東牟婁地域 新宮市
観光協会 新宮市観光協会 新宮市徐福2-1-1
電話番号 0732-22-2840
情報 昭和39年5月28日 県指定 無形民俗文化財
開催時期 毎年10月15・16日
関連リンク http://www.shinguu.jp/ (外部リンク)

水の神々の帰郷

日本3大火祭りの1つ「那智の火祭り」は熊野那智大社の例大祭で「扇祭り」ともいわれ、熊野那智大社から飛滝神社への年に一度の里帰りの様子を表したものです。「大和舞」や田楽舞を創成期の形をそのままに伝えている国の重要無形民俗文化財に指定された「那智田楽」が奉納されます。二体の熊野の神々を、滝の姿を表した高さ6mの12体の扇神輿に移し、本社より滝へ渡御をなし、重さ50㎏~60㎏の十二本の大松明の炎で清めお迎えします。白装束に烏帽子姿の氏子が掛け声も高らかに練り歩く様子は圧巻です。

エリア 東牟婁地域 那智勝浦町那智山
観光協会 那智勝浦町観光協会 東牟婁郡那智勝浦町6-1-1
電話番号 0735-52-5311
情報 昭和35年8月16日 県指定 無形民俗文化財
開催時期 毎年7月14日
関連リンク http://www.aikis.or.jp/~nachikan/ (外部リンク)

12基のだんじりが勇壮とゆく

和歌祭・田辺祭と並ぶ紀州三大祭の一つである粉河産土神社の祭礼です。現存する「だんじり」は12基。宵祭の夜には、それぞれ趣向を凝らし、きらびやかな飾付が行われただんじりが街を威勢よく運行します。そして、本祭には大伴孔子古の子、船主が奥州征伐に向かい賊徒を退治して凱旋した時の姿を伝えると言われる「渡御式」がとり行われます。馬にまたがった武者姿の稚児や裃をつけた行列が、「粉河とんまか通り」と呼ばれる粉河駅前から粉河寺大門橋までの通りを総勢400名以上で練り歩きます。

エリア 那賀地域 紀の川市粉河
観光協会 紀の川市観光協会 紀の川市西大井338
電話番号 0736-77-2511(代)
情報 昭和39年5月28日 県指定 無形民俗文化財
開催時期 毎年7月の最終土曜日(宵祭)と日曜日(本祭)
関連リンク http://www.city.kinokawa.lg.jp/ (外部リンク)

観光資産

紀州南高梅

湯浅醤油

備長炭

まぐろ

観光資産

プレミア和歌山モバイル

QRコード

プレミア和歌山モバイル版では、待ち受けFlashを配信中です。

わいわい市場

こだわりプレミア和歌山