現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 田辺産業技術専門学院 > 溶接・CAD科

商工観光労働部 田辺産業技術専門学院

溶接・CAD科

溶接・CAD科は平成29年度で終わりです。平成30年度の募集はありません。

高卒(見込)者またはこれと同等以上の学力があると認められる方で40歳以下  1年課程  定員15名

 構造物鉄工作業に伴う部材加工、曲げ作業、組立加工に加え、各種溶接法、切断法、機器操作法を学びます。
 また、非破壊検査(超音波探傷検査)、CAD等の技術を習得し、鉄工業界に必要な資格の取得を目指します。

取得目標資格

  • JISアーク溶接技術検定
      被覆アーク溶接(基本級・専門級)
      半自動アーク溶接(基本級・専門級)
      ステンレス鋼溶接(基本級)

  • 危険物取扱者乙種第4類
  • 特別教育
      アーク溶接
      研削砥石取替
      小型車両系建設機械運転
  • 技能講習
      ガス溶接
      玉掛け
      フォークリフト
      小型移動式クレーン運転
  • 和歌山県技能士補

最近の就職先
  株式会社北浦製作所和歌山工場、谷本板金店、竹島鉄工株式会社、株式会社マエカワ、有限会社橋本工作所、三起工業株式会社、株式会社キナン、株式会社大検、株式会社初島組、北村鉄工株式会社、共立産業有限会社、株式会社アムズエナジー 、協同組合COIG(コーイック)(順不同)

生徒がパソコンでCADをしています
生徒が図面をひいています
生徒がお互いに作成した溶接部分を確認しています
PCの基本操作を練習中。 製図の訓練中、ドラフターを使って図面を書いています。 溶接訓練、溶接ビードを磨いてお互いにチェックします。
生徒がパソコンでCADをしています
生徒が図面をひいています
生徒が先生の指示を確認しています
CADで図面を書く練習をしています。 しっかりとした図面を書かないといけないので難しいです。 安全に気を付けて溶接。保護具は身に着けると暑いです。
溶接をするところをみんなで見ます 切抜きをしています 溶接するところをみんなで見ます
新しい課題に挑戦中、最初のうちはなかなか上手くいかないです。 訓練の合間に一息中。 他の人の溶接を客観的に見て自身の悪い所を考える。
技能照査作品 鋼材に孔を空けています 超音波探傷機を使った実習をしています
修了前の技能照査の実技課題。 直立ボール盤で鋼材に穴をあけています。 非破壊検査の超音波探傷試験を練習中、テストブロックで調整中。
2人で助け合いながら溶接練習をする訓練生 先生のお手本を見ます 生徒の溶接技術を動画に撮ります。
溶接技術検定に向けて練習中、溶接前の板付けは大切です。 溶接技術検定に向けて重要なポイントを再復習。 溶接姿勢の確認中、集中力がどこまで続くか。
溶接技術評価試験前の説明を受けます。 試験前のリラックス 半自動アーク溶接の基本級を受験中
溶接技術評価試験がいよいよ始まります。試験官より諸注意を聞きます。 受験前のリラックスタイム。 半自動アーク溶接の基本級受験。
検定に望む訓練生 検定を受ける2人の訓練生 他人の作品を見る受験生
被覆アーク溶接の基本級受験。 いよいよ検定スタートです。 試験後、評価試験材料が並べられます。

 

修了生インタビュー

平成26年度修了生

有限会社橋本工作所

勤務

橋本 尚希さん

 

修了生の写真

 私は、溶接・CAD科に入ったものの、溶接はもちろんCADの知識はほとんどありませんでした。それでも1年間という短い時間で、ある程度の基礎は身につけました。自分自身が考えていた以上に溶接にしても、CADにしても難しかったですが、先生が丁寧に教えてくれたので興味を持つことができ、楽しく学べたと思います。
  また、溶接の資格以外にも、色々な資格を取ることができました。学院生活は勉強だけというわけではなく、キャンプや遠足もありました。すごく充実した1年であり、成長した1年になりました。1年頑張ったかいもあり、溶接関係の仕事に就くことができました。この学院で学んだことを仕事でしっかり生かしたいと思います。

 

トップに戻る