現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 労働政策課 > 労働者の皆様へ

商工観光労働部商工労働政策局労働政策課

労働者の皆様へ
  しごと   事業主   労働者   職業訓練   相談窓口   調査結果   関係団体
平成27年12月12日更新

     仕事と家庭の両立支援
     福利厚生
     労働相談のご案内
     和歌山県労働委員会
     労働安全衛生法に基づく免許試験のご案内
    

労働政策課のホームページに戻る

アクロバットリーダーダウンロードサイトへ
PDF書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。Acrobat ReaderはAdobe 社のサイトから無料でダウンロードできます。

▲ 上にもどる 



 
◆ 仕事と家庭の両立支援

   仕事と家庭の両立支援に向けた取組等についてご紹介します。

    仕事と家庭の両立支援のページ

▲ 上にもどる  

 
◆ 福利厚生

   中退共とは

    中退共制度は、昭和34年に中小企業退職金共済法に基づき設けられた
    中小企業のための国の退職金制度です。

    中退共制度をご利用になれば、安全・確実・有利で、
    しかも管理が簡単な退職金制度が手軽に作れます。

     問い合わせ
     独立行政法人勤労者退職金共済機構・中小企業退職金共済事業本部(中退共)

       本部
         電 話  03-6907-1234(代表)
       大阪コーナー
         電 話  06-6536-1851

    
    ○ 詳細は   中退共のホームページ 

▲ 上にもどる 

 
◆ 労働相談のご案内
   労働情報センターの相談

      

     労働情報センター(労働相談室)では、労働に関する疑問・トラブルについて、
     労働者・事業主を問わず、専門の相談員がアドバイスします。
     相談無料、秘密厳守ですので、お気軽にご利用ください。
      なお、電話または面談にてご相談をお受けしますが、相談員が1名で対応し
      ているため、面談を希望される場合は、事前にご連絡をお願いします。


労働相談ダイヤル 073-436-0735
開設時期   火・水・木・金曜日 16時~20時
   土・日曜日     10時~16時
   (祝日、年末年始は除きます。)
開設場所   〒640-8317
   和歌山市北出島1-5-46
   和歌山県労働センター 1階

              ※面談については、事前予約が必要です。
              ※メールによる相談はお受けしていません。

              ※相談員の勤務上の都合などで、一時的にご利用いただけない場合
                がありますが、その際はご容赦ください。                 

   いろいろな労働相談  

   個別労働関係紛争の相談とあっせん(和歌山県労働委員会)
    
和歌山県労働委員会では、個々の労働者と事業主との間に発生した
     労働条件等のトラブル(個別労働関係紛争)の迅速な解決をお手伝い
     するための相談とあっせんを行っています。
     平成23年7月からは、原則、毎月第1・第3水曜日に委員による労働相談を行っています。
     お気軽にご相談ください。
      時間:14時から(先着3名。要予約)
          (受付は、平日9時から17時45分まで)
      電話:073-441-3781
      問い合わせ:和歌山県労働委員会事務局
              和歌山市小松原通1-1 (県庁北別館5階)

    労働者からの公益通報窓口
     公益通報者保護法が、平成18年4月1日から施行されたことに伴い、
     労働者からの公益通報窓口を設置しました。
     公益通報は、処分等の権限を有する行政機関に対し行うこととなって
     いますので、通報すべき行政機関が不明な場合は、
     公益通報者保護制度ウェブサイト で検索できます。

      ○ 公益通報総合窓口
        和歌山県商工労働部労働政策局労働政策課
        住 所 和歌山県和歌山市小松原通1-1 (〒640-8585)
        電 話 073-441-2793
        Fax 073-422-5004
        メール e0606002@pref.wakayama.lg.jp
      ○ 公益通報となるための要件
       1 通報者が労働者であること。
        (労働者には、アルバイトやパートタイマー等も含み、
         また派遣労働者、取引先の労働者も含みます。)
       2 不正の目的で行われる通報でないこと。
       3 通報内容が真実であると信じる相当の理由があること。
       4 通報の対象となる法令違反が生じ、又はまさに生じようとしていること。
         (対象となる法律については、
         公益通報者保護制度ウェブサイトでご覧になれます) 

▲ 上にもどる 

 
◆ 労働安全衛生法に基づく免許試験のご案内
  詳しくは近畿安全衛生技術センターのホームページをご覧ください。

    主な試験の種類
               ボイラー技士、クレーン・デリック運転士、                移動式クレーン運転士、衛生管理者、                エックス線作業主任作業者、潜水士等

    問い合わせ  財団法人 安全衛生技術試験協会                近畿安全衛生技術センター                  兵庫県加古川市神野町西之山字迎野                  電 話 079-438-8481

    ホームページ 近畿安全衛生技術センター
 
  
   ☆平成29年度和歌山地区出張特別試験案内(PDFファイル)                                                     ▲ 上にもどる