現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 商工観光労働総務課 >コミュニティビジネス

商工観光労働部商工労働政策局商工観光労働総務課

  【コミュニティビジネス・ソーシャルビジネス(社会事業)とは】

 地域の住民が主体となり、地域の資源を活用し、地域にある様々な課題を解決することにより、地域社会に貢献することを目的とするビジネスです。

 地域を活性化し、新たな雇用の創出につながるほか、コミュニティビジネスに関わる人々の生き甲斐や自己実現の達成など様々な効果をもたらすとして、近年注目されています。その事業主体、運営形態は特に定まっておらず、NPO法人、企業組合、会社、任意団体、個人等様々です。事業分野についても福祉、教育、子育て支援、地域づくりなど多岐にわたっています。

 コミュニティビジネスについては、まだまだ本県での認知度は低い状況にありますが、 県内各地でコミュニティビジネスが活発化することにより、多方面における地域の課題解決・自立の促進、雇用の創出など地域の活性化に大きな効果が期待できます。
 このため、コミュニティビジネスを振興し、地域産業の振興、地域密着型サービスの創出、雇用の創出を図ります。また、商店街の活性化を図る手段としてコミュニティビジネスが期待されます。


和歌山県では、地域活性化と雇用創出のため、コミュニティビジネスなど社会的課題の解決にビジネス手法で取り組む方々を支援していきます。

これまでの和歌山県の取組
  コミュニティビジネスガイドブック(H17作成)pdf(3.54MB)
  H17モデル事業pdf(118KB)
  H18モデル事業pdf(172KB)
  H19モデル事業pdf(97KB)





GET_ReaderPDF 書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。Acrobat ReaderはAdobe 社のサイトから無料でダウンロードできます