現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 薬務課 > 薬物乱用防止 > 麻薬・覚醒剤乱用防止運動

麻薬・覚醒剤乱用防止運動

 

平成29年度麻薬・覚醒剤乱用防止運動わかやま大会について

 ・ 麻薬・覚醒剤乱用防止運動地区大会について

 ・ 大会の内容(予定)

 ・ 講師等の紹介

 ・ 応募方法


大会パンフレット

 

 麻薬・覚醒剤乱用防止運動地区大会について

    毎年10月・11月の麻薬・覚醒剤乱用防止運動期間中に、全国を6ブロック単位に分け、厚生労働省と開催都道府県が主催し、「麻薬・覚醒剤乱用防止運動地区大会」を開催します。

   和歌山県では、本年度、初めて「平成29年度 麻薬・覚醒剤乱用防止運動わかやま大会」を開催します。

   和歌山県は、これを契機として、県民に対する啓発を強化するとともに、学校等での啓発強化に取り組んでいきます。

2 大会の概要(予定)

 名  称 :平成29年度 麻薬・覚醒剤乱用防止運動わかやま大会

  開催年月  :平成29年11月23日(木・祝) 13:30~17:00(13:00受付)

  開催場所  :和歌山県民文化会館 小ホール(和歌山県和歌山市小松原通1-1)

  主 催 者  :厚生労働省、和歌山県

  対  象 :一般

  参 加 費 :無料

  参加方法:応募期間内(H29.10.1~H29.10.31)、応募必要。詳しくは、『4 応募方法』を参照

  内  容 : 大会パンフレットは、こちら(PDFファイル)

演 目
備 考
開会宣言

宣言者:和歌山県薬物乱用防止指導員協議会長 

式典(表彰)

麻薬・覚醒剤乱用防止に功績のあった者に対する感謝状等贈呈式

 (厚生労働大臣感謝状、 厚生労働省医薬・生活衛生局長感謝状、 和歌山県薬物乱用対策推進本部長感謝状

特別講演

 魂のヴォーカリスト 杉山裕太郎 氏

 

 

パネルディスカッション

司会/和歌山県立医科大学医学部薬理学講座教授 岸岡史郎 氏

パネラー/魂のヴォーカリスト 杉山裕太郎 氏

     和歌山県立医科大学医学部神経精神医学講座助教 山本眞弘 氏

     厚生労働省近畿厚生局麻薬取締部

     和歌山県福祉保健部健康局

高校生による演劇

 りら創造芸術高等学校

大会宣言

 

 

  備  考 :・詳細な大会の内容等については、随時、本ホームページで発表いたします。  

         ・上記の内容については、予告なく変更する場合がございます。

 

3 講師等の紹介

  後日、詳細を掲載予定。

 

4 応募方法

(1)下記のいずれかの方法で、①~⑧までのすべての項目をご記入の上、お申し込みください。

   ・ホームページに掲載している応募フォーム以外の様式でも、差し支えありません。

   ・1枚の応募様式で、3名まで応募可能です。(2名もしくは3名の場合は代表者1名のみ記載してください。)

(2)応募者多数の場合は、厳選なる抽選の上、当選者を決定いたします。

 また招待状の発送(11月15日まで)により当選の発表に代えさせて頂きます。

(3)大会当日は、送付させたいただいた招待状を必ず持参してください。

                           ※電話でのお申し込み・当選の確認等は行いません。 

【応募記載に係る必要事項】

   ①氏名 ②住所(郵便番号) ③電話番号 ④性別 ⑤希望人数(最大3名まで) 
   ⑥年齢(10才未満、10代、20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代以上) 
   ⑦所属等(小学生、中学生、高校生、大学・専門学校生、学校教諭、薬物乱用防止指導員、保護司会、

           更生保護女性連盟、BBS連盟、薬剤師会、警察少年補導員、登録販売者協会、その他) 

   ⑧配慮事項(車イス、手話通訳、その他)

 

 

応募方法①

E メール

上記記載の必要事項をご記入いただき、下記アドレスに送信してください。

e0504002@pref.wakayama.lg.jp

応募方法②

郵  送

上記記載の必要事項をご記入いただき、郵送してください。

〒640-8585 

和歌山県和歌山市小松原通1丁目1 和歌山県福祉保健部健康局薬務課 宛

応募方法③

F A X

上記記載の必要事項を下記の応募フォームにご記入いただきFAXしてください。

073-433-7118

 

 

    応募フォームは、こちらword , PDF)

             ※様式は問いませんが、①~⑧の記入事項を必ず記載の上、申し込みをお願いします。

 

 

 

平成29年度和歌山県麻薬・覚醒剤乱用防止運動について

1.実施期間
  平成29年10月1日(日)から11月30日(木)

2.実施予定
(1)和歌山県薬物乱用防止指導員、関係団体との連携による啓発
 和歌山県薬物乱用防止指導員や関係団体及びヤングと連携のもと、「薬と健康の週間」等関連のある行事における啓発、各種会合等を利用した啓発及び街頭啓発等地域に根ざした啓発活動を実施します。

 

    平成29年度  実施予定はこちら → (PDFファイル)

(啓発時に配布するリーフレット)

配布パンフレット

 

 

 

(2)教育の現場等における啓発
  学校や職場等において薬物乱用防止の講習会等の啓発を行いました。特に学校における薬物乱用防止教室の開催を積極的に行います。

(3)相談窓口制度の周知
  再乱用防止対策の一環として、県薬務課・保健所の薬物相談窓口事業、県が業務委託している薬物相談電話等薬物に関する相談窓口を、パンフレットなどの啓発資材に掲載し周知します。

 

 

このページの上部に戻る