現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 薬務課 > 「(仮称)和歌山県薬物の濫用防止に関する条例(案)」に関するパブリックコメント(結果)

(仮称)和歌山県薬物の濫用防止に関する条例(案)」に関するパブリックコメント(結果)

  「合法ドラッグ」「脱法ドラッグ」などと称し販売され流通している違法ドラッグの使用が原因とみられる健康被害や交通事故が全国で発生しています。厚生労働省は、麻薬、覚せい剤などの薬物の流通を規制するほか、人体に悪影響を及ぼす違法ドラッグを指定薬物として指定し、規制強化を図っています。
  しかし、現状は、指定された成分の類似構造成分を含有する新たな製品がすぐに流通するなど、規制が追い付いていない状況です。
  このような状況を踏まえ、和歌山県では、違法ドラッグによる健康被害の発生を未然に防止するとともに、万が一健康被害が発生した場合に、速やかに県民に注意喚起を促すことを目的として、違法ドラッグの流通状況を把握する制度を創設するとともに、健康被害を起こすおそれのある薬物の製造・販売等を禁止する条例の制定を検討しています。
  このたび、条例案の概要を取りまとめましたので、和歌山県県民意見募集(パブリックコメント)手続実施要綱に基づき、広く県民の皆様からのご意見を募集いたします。

 なお、電話でのご意見等はお受けできませんので、あらかじめご了承ください。

 

1 募集期間

      募集期間は、終了しました。

 (平成24年10月17日(水)から平成24年10月31日(水)(必着))

 

2 閲覧資料

        ご意見の募集方法等について(PDFファイル)

          「(仮称)和歌山県薬物の濫用防止に関する条例(案)」の概要(PDFファイル)

  

3 提出されたご意見の件数

     6件のご意見をいただきました。

 

4 寄せられたご意見の要旨と和歌山県の考え方

    いただいたご意見とそれに対する和歌山県の考え方は以下のとおりです。

       寄せれたご意見の要旨と和歌山県の考え方(PDFファイル)

 

5 お問い合わせ先

  和歌山県福祉保健部健康局薬務課指導班

  TEL:073-441-2663(直通)

  FAX:073-433-7118