現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > こころの医療センター > 運営方針

和歌山県立こころの医療センター

ボール 運営方針
   
ボールみどり 理念
  県民により信頼される病院づくりを志向し、県内の精神医療の中核病院として、真にふさわしい質の高い精神医療の提供を目指します。
   
ボールみどり 基本方針
  1 早期社会復帰の実現
  2 地域精神医療の推進
  3 健全な病院経営の推進
   
ボールみどり 使命
  1 精神医療の総合的・先駆的治療の推進
  2 地域精神保健医療の向上と推進
  3 精神医療の臨床教育・研究の推進
   
ボールみどり 運営方針
  1 精神科外来機能の拡充強化と専門治療の充実
  2 精神科リハビリテーションの積極的実施
  3 チーム医療の推進
  4 精神科救急医療体制の充実
  5 精神医療の臨床研修及び研究の推進
  6 関係機関との有機的連携と地域活動の展開
  7 インフォームドコンセントの重視と広報の充実
  8 効率的な病院研修の推進
  9 院内感染対策指針
   
ボールみどり 診療方針
  1 患者の人権を尊重し、開放的処遇を行います。
  2 患者の個別性を重視し、精神科医療の専門性を強化・推進していきます。
  3 チーム医療を展開して短期治療を目指します。
  4 臨床教育・研修に努めます。
  5 地域との関係を深め、地域精神医療を進めます。
   
ボールみどり 経営計画
  第3次中期経営計画
  中期経営計画(評価)
   
  第4次中期経営計画(New!)
 

平成27年3月に総務省から「新公立病院改革ガイドライン」が示され、「経営効率化」「再編・ネットワーク化」「経営形態の見直し」「地域医療構想を踏まえた役割の明確化」を踏まえた新たな経営計画の策定が要請されました。これらを踏まえ、県立精神科病院として、また県の精神科医療の中核として、精神科救急医療体制や専門外来・病棟の更なる充実を図るため、第4次中期経営計画を策定しました。

  概要
  主な内容(項目)
  本文


◎ 当院は臨床研修、看護実習などを受け入れ、精神医療の県内中核病院として教育機能等の充実を図っています。

アクロバットリーダーダウンロードサイトへ PDF書類をご覧いただくには、AcrobatReaderが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。AcrobatReaderはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。

こころの医療センタートップページに戻る↑