現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 医務課 >病床機能の転換意向調査(和歌山市内)

■ 和歌山保健医療圏内和歌山市内病院の
病床機能の転換意向調査について

  本県において、「和歌山県地域医療構想」に基づき、2025年に向けた効率的で質の高い医療提供体制を構築するために、各医療機関の「病床機能の分化と連携の推進」が不可欠となっています。
  平成28年9月1日開催の「和歌山圏域の地域医療構想調整会議」において、「病床機能の再編、分化、連携に関しては、地域医療構想調整会議の委員相互の協議、理解のもと取組を行う」など今後の取組方針を確認したところです。
  この取組方針に沿い、適切な病床機能の転換を推進するため、調整会議の協議案件となる病床機能の転換意向を把握する必要がありますので、下記に基づき、貴院の意向を御回答ください。
※ 具体的に進んでいる事案がある場合は、早急に県医務課にご相談下さい。

 

1.回答様式(ファイル)
   「病床機能の転換意向調査票」

2.回答期限
   平成29年7月10日(月)  

3.回答方法
   原則、医務課メールアドレス(e0501002@pref.wakayama.lg.jp)に様式ファイルを送信ください。
   (やむを得ない場合、FAX(073-424-0425)も可)

4.参考資料
  ・ 「協議の場」における今後の取組方針について
  ・ 病床機能分化連携・推進施設等整備事業費補助金事業(病床機能転換補助事業)について

5.留意事項
① 本調査結果をもとに、必要に応じヒアリングをさせていただく予定です。
② 今後、本調査は定期的(3か月に1回程度)に実施する予定です
② 補助金は、限られた予算内で支出しているため、当調査で活用の要望などをお知らせ頂いていない場合は、十分な対応ができないこと(補助金の交付ができないなど)があります。