現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 > がん・疾病対策班 > 難病法に基づく新たな医療費助成制度について

難病法に基づく「指定医」及び「指定医療機関」の登録について

 「難病の患者に対する医療等に関する法律」の成立に伴い、平成27年1月1日より「指定医」及び「指定医療機関」の制度が開始されました。

 県内の医師の皆様、医療機関の皆様、調剤薬局の皆様には、登録等制度の運営に御協力お願い申し上げます。 


難病指定医・協力難病指定医の指定申請手続きのお願い

  • 指定医は、指定難病の患者が指定難病にかかっていること及びその症状の程度を証する診断書(臨床調査個人票)の作成、国が講ずる難病に関する情報収集の施策に対し、情報の提供を行うことになります。

  • 新たな医療費助成制度では、指定難病にかかっている患者の方が、医療費助成の申請を行う際に必要な診断書(臨床調査個人票)の作成は、指定医のみが可能となります。(従来の制度では医師であれば可能)

  • 指定医が不足すると、医療費助成の申請に必要な診断書を作成出来る指定医が近隣におらず、患者は遠方にまで行かなくてはならないことが予想されます。そのような状況にならないよう、出来るだけ多くの医師に指定医になっていただく必要がありますので、申請手続きを行っていただきますようお願いします。

【指定医の要件】

○難病指定医 : 新規申請に必要な診断書、更新申請に必要な診断書の両方を作成可能

  1. 診断又は治療に5年以上従事した経験(難病に対する診断や治療に限らず、臨床研修期間も含む)があり、申請時において、関係学会の専門医の資格(別表1参照)を有していること。
  2. 診断又は治療に5年以上従事した経験(難病に対する診断や治療に限らず、臨床研修期間も含む)があり、和歌山県が行う研修(指定難病の診断又は治療に関する一般的知識及び専門的知識を修得するためのもの)を修了していること。

厚生労働大臣が定める学会が認定する専門医の資格(別表1)

経過的特例

 診断又は治療に5年以上従事した経験があり、これまでに特定疾患に係る診断書(臨床調査個人票)を作成した実績があるなど、指定難病の診断等に従事したことがある医師については、関係学会の専門医資格がなくとも、平成29年3月31日までの間に限り、難病指定医になることができる。

  ただし、平成29年3月31日までに和歌山県が行う研修(指定難病の診断又は治療に関する一般的知識及び専門的知識を修得するためのもの)を受けなければ、平成29年4月1日以降は難病指定医になることができない。

○協力難病指定医 : 協力難病指定医は、更新申請に必要な診断書の作成が可能、新規申請に必要な診断書の作成はできない。
 診断又は治療に5年以上従事した経験(難病に対する診断や治療に限らず、臨床研修期間も含む)があり、和歌山県が行う研修(指定難病の診断又は治療に関する一般的知識を修得するためのもの)を修了していること。


【申請方法】

申請書に以下の事項を記入してください。

  • 医師の氏名、電話番号、住所、生年月日、性別
  • 医籍登録番号、医籍登録年月日
  • 主たる勤務先の医療機関
  • 診断又は治療に従事した期間及び病院等名称
  • 申請区分(難病指定医、協力難病指定医のどちらかに「○」を記入)
  • 専門医資格を有している場合は、専門医の名称、有効期間、専門医の認定機関
  • 知事が行う研修を終了した場合は、研修名称、研修修了年月日


【添付書類】

(1)医師免許証の写し
(2)専門医資格を有している場合は、専門医に認定されていることを証明する書類の写し

申請書その他必要書類を下記の宛先まで郵送してください。
〒640-8585  和歌山市小松原通1-1  和歌山県健康推進課 宛

指定医として指定された場合は、後日、指定通知書を送付します。

指定医指定申請書様式

 

指定医の変更届出書について

「指定通知書」に記載された氏名や主たる勤務先の医療機関について変更がある場合は、下記の「指定変更届出書」を提出してください。
「指定変更届出書」には変更前の指定通知書原本も添付してください。
○指定内容変更届出書

≪指定医に関するその他手続き様式≫

 ○指定医指定通知書再交付申請書

 ○指定医指定辞退申出書

 


難病の指定医療機関の指定申請手続きのお願い

 

  • 新たな医療費助成制度では、指定難病にかかっている患者の方が、医療費の支給を受けるには、和歌山県知事より「指定医療機関」の指定を受けた医療機関で医療を受けることが必要になります。

  • 指定難病にかかっている患者の方が、どの医療機関で診療を受けても医療費助成を受けられるためには、出来るだけ多くの医療機関に「指定医療機関」になっていただく必要がありますので、申請手続きを行っていただきますようお願いします。


【指定医療機関の要件】

  • 保険医療機関であること
  • 欠格要件に該当しないこと

[欠格要件]

(1)申請者(役員も含む。以下同じ。)が、禁固刑以上の刑に処せられ、その執行を受けることがなくなった日を経過していない。

(2)申請者が、児童福祉法その他国民の保健医療に関する法律により罰金刑に処せられ、その執行を受けることがなくなった日を経過していない。等


【指定医療機関の責務】

  • 指定医療機関は、診療方針は健康保険の診療方針の例によるほか、厚生労働大臣の定める療養担当規定により適正な医療を行わなければならない。


【申請方法】

(1)申請書に以下の事項を記入してください。

  • 医療機関の名称、所在地、医療機関コード
  • 開設者の氏名又は名称、住所、生年月日、職名
    [添付書類]役員名簿

(2)申請書その他必要書類を下記の宛先まで郵送してください。
  〒640-8585 和歌山市小松原通1-1 和歌山県健康推進課 宛

(3)指定医療機関として指定された場合は、後日、指定通知を送付します。

≪申請・届出様式一覧≫

○難病指定医療機関指定申請書 様式1

○難病指定医療機関変更届 様式5

○難病指定医療機関(休止・廃止・再開)届 様式6

○難病指定医療機関指定辞退申出書 様式7

○難病指定医医療機関指定通知書再交付申請書 様式8