現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課健康対策班 > 和歌山県のたばこ対策

福祉保健部 健康局 健康推進課

和歌山県のたばこ対策

    さあ、あなたもたばこと健康について真剣に考えてみませんか?

  喫煙と肺がんとの関係は古くから指摘されており,喫煙男性は非喫煙者に比べて肺がんによる死亡が4.5倍高くなっているほか、喫煙は喉頭がん、口腔・咽頭がん、食道がん、胃がん、膀胱がんなど多くのがんや、虚血性心疾患、脳血管疾患、歯周疾患など多くの疾患、低出生体重児や流・早産など妊娠に関連した異常の危険因子であると言われています。

  喫煙者の多くは、たばこの害を十分に認識しないまま、未成年のうちに喫煙を開始していますが、未成年期に喫煙を開始した者では、成人後に喫煙を開始した者に比べて、これらの疾患の危険性はより大きく、肺がんでは20歳未満で喫煙を開始した場合の死亡率は,非喫煙者と比べて5.7倍にもなっています。

 さらに、周囲の喫煙者のたばこ煙による受動喫煙も、喫煙習慣を持たない者にとって不快であるるだけでなく、肺がんや虚血性心疾患、呼吸器疾患などの危険性も増大させています。たばこの煙は、我慢すべきものでありません。たばこの煙に含まれている物質のうち,約200種類が有害物質であり、中でも、ニコチンは,心拍数の増加や血圧の上昇,末梢血管の収縮などの影響を与え、一酸化炭素は,酸素運搬機能を阻害します。その他、たばこの煙には、40種類以上の発がん物質、発がん促進物質が含まれていると言われています。
 このように、たばこは健康への大きなリスクとなりますが、依存性があることから、なかなか禁煙することが困難と言われてきましたが、最近では、ニコチンパッチなどの禁煙補助剤も利用することで、禁煙も身近になりました。
和歌山県では、病気を予防するという観点から、たばこ対策を健康増進の重点課題として取り組んでいます。 


  1. 和歌山県たばこ対策指針の策定 [平成13年3月]

  2. 喫煙の健康影響についての知識の普及
    (1) 医療機関の禁煙化
    (2) 啓発
       (県民の友、世界禁煙デー、啓発パンフレット[やっぱり、やめてみるかタバコ]、など)

  3. 未成年者、妊産婦などの喫煙対策(防煙)

  4. 非喫煙者の保護
    (1) 官公庁の喫煙対策
    (2) 医療機関の禁煙化
    (3)  職場の喫煙対策
    (4) 飲食店の喫煙対策(空気もおいしいお店)募集  空気もおいしいお店一覧
    (5) ステッカーの配布

  5. たばこをやめたい人への禁煙支援
    (1) 禁煙治療に保険が使える医療機関、禁煙外来、禁煙クリニック
    (2) 禁煙サポート薬局一覧
    (3) 個別健康教育の充実
    (4) 禁煙指導者講習会