現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 健康推進課 >わかやま健康推進企業認定制度

わかやま健康推進企業認定制度について

 県民の生活習慣病の予防及び健康寿命の延伸を図るため、県内の事業所において、健康診査及びがん検診の受診並びに受動喫煙防止対策、その他当該事業所で働く者の健康に関する取組を積極的に実施している事業所を「わかやま健康推進企業」として認定します。

●認定の対象と基準

 和歌山県内に所在地がある事業所のうち、常勤従業員が5人以上の事業所(国、地方公共団体、独立行政法人及び地方独立行政法人、その他の公法人を除く)で、下記の基準を満たす事業所

1 次の項目のうち3つ以上の項目に該当していること

 (1) 労働安全衛生法に基づく健康診断を実施しており、40歳以上の常勤従業員の健康診断の結果について、特定健診・特定保健指導の法定報告に必要な項目を医療保険者へ提供していること (または、事業所自らが健康保険組合を設置し、健康診断の結果を提出する必要がない場合も含む)

 (2) 厚生労働省が推奨するがん検診のうち、3種類以上のがん検診受診率が常勤従業者で50%以上であること(検診の種類、検査項目、対象者、受診間隔、受診率算出については、表1及び2をご参照ください)

 (3) 健康増進法に基づく受動喫煙防止対策が講じられていること

(敷地内禁煙、建物内禁煙、完全分煙)

(4) メンタルヘルスに関する取組が行われていること

(5) ラジオ体操やウォーキング、健康相談の実施など健康づくりに関する事業者の取組が、1年以上継続して行われていること

2 過去5年間に重大悪質な事案により法令に違反し、処分を受けたことがないこと

表1

種類

検査項目

対象者

受診間隔

胃がん検診(注)

  問診、胃部X線検査又は胃内視鏡検査

50歳以上

2年に1回

肺がん検診

 問診、胸部X線検査及び喀痰細胞診

40歳以上

年1回

大腸がん検診

 問診、便潜血検査

40歳以上

年1回

乳がん検診

 問診、乳房X線検査(マンモグラフィ)

40歳以上

2年に1回

子宮頸がん検診

 問診、視診、子宮頸部の細胞診及び内診

20歳以上

2年に1回

(注) 検診対象者は、当分の間、胃部検査については40歳代に対し、実施可能とします。

また、受診間隔について、当分の間、胃部X線検査については年1回実施可能とします。

表2

がん検診の受診率は次の算定方法によるものとする。なお、受診率算定年度は申請年度の前年度とします。

種 類

受 診 率 算 出 方 法

 胃がん検診

((前年度及び前々年度の常勤従業員受診数)-(2年連続の常勤従業員受診者数))÷常勤従業員検診対象者数×100

 肺がん検診

 大腸がん検診

(40歳以上の常勤従業員受診数)÷(40歳以上の常勤従業員数)×100

 乳がん検診

(前年度及び前々年度の40歳以上の女性常勤従業員受診数)-

(2年連続の女性常勤従業員受診者数)÷40歳以上の女性常勤従業員数×100

 子宮頸がん検診

(前年度及び前々年度の20歳以上の女性常勤従業者受診数)-

(2年連続の女性常勤従業員受診者数)÷20歳以上の女性常勤従業員数×100

 

●認定されると・・・

「わかやま健康推進企業認定証」を交付します。認定の有効期間は、認定日の属する年度の翌年度の3月31日です。

認定された事業所(以下、認定事業所といいます)の情報は、和歌山県のホームページで紹介します。

 ★平成29年2月10日現在、認定されている事業所

認定事業所は、健康わかやま県民運動ロゴマークを自社のホームページや名刺、広告等に使用できます。

また、有識者の意見も聴取の上、認定事業所のうち、特に内容の優れた事業所を表彰します。

 

●申請に必要な書類

わかやま健康推進企業認定申請書(様式1 word)

・わかやま健康推進企業認定申請調書(様式2 word)

  わかやま健康推進企業認定申請調書 記入例 (PDF)

・定款、寄付行為又はこれらに準ずる規約

・組織図及び役員名簿又は会員名簿

・がん検診の受診状況がわかる書類

・健康づくりに関する取組の実施状況がわかる書類

・その他認定に関し必要な書類

 

 ※ リーフレット 「わかやま健康推進企業認定制度について」

 

●申請のお問い合わせ、申請先

和歌山県福祉保健部健康局健康推進課健康対策班

〒640-8585 和歌山市小松原通1丁目1番地

TEL073-441-2656 FAX073-428-2325