現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 和歌山県難病・子ども保健相談支援センター > トップページ

和歌山県難病・子ども保健相談支援センター

和歌山県難病・子ども保健相談支援センターは「難病患者・長期療養児が安心して暮らせる環境づくり」を目指します

 


○更新情報○

*難病患者の「就労・年金・療養相談会」の案内を【お知らせ】に掲載しました。NEW!!

*小児の炎症性腸疾患講演会の案内を【お知らせ】に掲載しました。NEW!!

*「輝け・病気の子どもたち!リゾートキャンプ」ボランティア募集の案内を【お知らせ】に掲載しました。

*筋疾患講演会・個別相談会及び交流会の案内を【お知らせ】に掲載しました。

*病気の子ども支援者研修会の案内を【お知らせ】に掲載しました。

*腎臓疾患医療講演会の案内を【お知らせ】に掲載しました。

*難病患者の就労支援セミナー・個別相談会の案内を【お知らせ】に掲載しました。

*患者・家族交流会の案内を【お知らせ】に掲載しました。

*難病患者就職サポーター出張相談会の案内を【お知らせ】に掲載しました。 


○制度に関するお知らせ○

 ◆平成29年4月1日から、指定難病が330疾病に拡大されました。

   *県庁健康推進課『がん・疾病対策班』ホームページ難病法に基づく新たな医療費助成制度について
   *厚生労働省ホームページ
   *難病情報センター

 平成29年4月1日から、小児慢性特定疾病が722疾病に拡大されました。

 
   * 県庁健康推進課『母子保健班』ホームページ、小児慢性特定疾病医療費助成について
   *和歌山市保健所保健対策課ホームページ
   *小児慢性特定疾病情報センター

 ◆平成29年4月1日から障害者総合支援法による障害福祉サービスの対象疾病が拡大しました。
  ・障害者総合支援法の対象疾病パンフレット (358疾病)

 あいサポート運動を平成28年度から開始しました。

   外見からはわかりづらい障害等のある人が周囲に援助や配慮を必要としていることを知らせる
   ことができる「ヘルプマーク」を交付します。

   詳しくは、障害福祉課ホームページをご覧ください。

 ◆平成28年1月25日から和歌山県障害者等用駐車区画利用証制度がはじまりました!
   障害者や高齢者など移動に配慮を要する方々が使いやすい駐車の仕組みとして、県が利用証を
  発行する制度が始まります。
    対象者として、特定疾患医療受給者、特定医療費(指定難病)受給者、小児慢性特定疾病医療受
  給者が含まれています。
    詳しくは、制度説明チラシ障害福祉課ホームページをご覧ください。

  ◆特定疾患治療研究事業
  国が定める4疾患と和歌山県が独自に定める2疾患が対象です。
  詳しい情報は、健康推進課『がん・疾病対策班』ホームページをご覧ください。

 

 

 

相談について リンク
相談時間 9時~17時45分
(土・日・祝日は除きます)
相談方法 来所 いつでもお気軽にお越しください
電話 073―445―0520