現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 障害福祉課 > 「和歌山県における自殺・うつ病対策の推進基本方針の策定」について

「和歌山県における自殺・うつ病対策の推進基本方針の策定」について

和歌山県における自殺・うつ病対策の推進基本方針を策定しました。

  1. 趣旨
     本基本方針は、自殺対策基本法及び国の自殺総合対策大網に基づき策定した「和歌山県における自殺対策の推進基本方針」(平成21年9月~)を改定し、「和歌山県における自殺・うつ病対策の推進基本方針」として策定しました。平成24年8月に行われた自殺総合対策大網の見直しの内容を反映させたほか、併せて自殺との関連性が高いうつ病対策の推進を新たに盛り込みました。今後、この方針に基づき、1人でも多くの自殺者を減少させ、県民が健康で生きがいを持って暮らすことのできる社会の実現達成に取り組むものとします。

  2. 経緯
     平成10年     全国の自殺による死亡者数が3万人を超える
     平成18年10月 自殺対策基本法の施行
     平成19年 6月 自殺総合対策大綱の閣議決定
     平成21年 9月 和歌山県における自殺対策の推進基本方針の策定
     平成24年 8月 自殺総合対策大綱の見直し
     平成25年 5月 和歌山県における自殺・うつ病対策の推進基本方針の策定

  3. 基本方針の実施期間
     平成29年までの5年間

  4. 目標
     平成29年までに平成19年の自殺死亡率を20%以上減少させる
     (平成19年:25.4 → 平成29年:20.3以下)
     ※ 自殺死亡率 = 人口10万人当たりの自殺者数

  5. 基本方針のポイント
    (1) 「うつ病対策のための取組」について新たに追加
       ・うつ病の早期発見・早期受診のための啓発
       ・精神保健医療関係者やかかりつけ医等への研修

    (2) 「大規模災害における被災者・支援者の心のケア」について新たに追加
       ・こころのケアホットラインの開設、こころのケアチームの派遣等

    (3) 世代ごとの状況や対策を明記
       ・若年層、中高年層、高齢者層それぞれの年代ごとの特徴や対策を記載

基本方針(全文)
基本方針(資料編)