現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 精神保健福祉センター > 災害時こころのケア活動マニュアル
災害時こころのケア活動マニュアル

 

こころのケア活動の概要  
本編  
資料編(パンフレット)  

○本マニュアルの位置づけ

 このマニュアルは、大規模の自然災害等により多数の被災者が発生した場合に、「和歌山県地域防災計画」に基づき、迅速かつ適切な「こころのケア活動」を行う際の標準的かつ具体的な行動指針である。

 

〈 被 害 想 定 〉

  1. このマニュアルでは、「和歌山県災害対策本部設置」程度の被害規模を想定する。
  2. 被害規模に応じて次の二段階に区分する。

レベル1   和歌山県災害対策本部の設置
レベル2   広範囲の被災により多数の死傷者が発生または複数避難所の設置

 

〈被災地〉
このマニュアルにおける被災地は、原則として市町村単位とする。

〈活動の期間〉
このマニュアルによる活動期間は、被災直後から概ね3ヶ月までの急性期とする。

〈その他〉
中・長期的なケアについては、平時の地域精神保健福祉活動に移行していくものである。