現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 長寿社会課 ・ 高齢者生活支援室 > わかやまシニアのちから活用推進事業・わかやまシニア元気アップ事業

●わかやまシニアのちから活用推進事業・わかやまシニア元気アップ事業

○わかやまシニアのちから活用推進事業(平成26年度~)

 和歌山県では、今後いっそう高齢者数の増加が見込まれており、高齢者の生きがいづくり・社会参加のための仕組みが必要です。県では、有償ボランティア活動(※)を通じて高齢者が活躍できる仕組みづくりとして次の2種類の拠点の設置や、実際に活動が実施できるよう有償ボランティア活動の創出に取り組んでいます。

わかやまシニア活躍推進拠点設置事業

・わかやまシニア活躍推進拠点(県拠点) ⇒ 平成28年度で県からの補助は終了しました。
  今まで培ってきた知識・技能・生活の知恵などを社会に還元する講師ボランティア(高齢者の有償ボランティア)を登録し、講師の派遣希望団体等とマッチングします。

  ※和歌山県社会福祉協議会に設置しています。ホームページは下記をご覧下さい。

    和歌山県いきいき長寿社会センター(有償ボランティア活用・登録)

・わかやまシニア活躍推進拠点(市町村拠点)
   高齢者の生活支援など地域の困りごと解決のために活動する高齢者の有償ボランティアを登録し、 各種ニーズとマッチングします。

  ※市町村が市町村社会福祉協議会等に委託するなどして設置します。県はその立ち上げ経費について市町村に補助します。

  ■県内市町村の「市町村拠点」取組状況一覧

  ■県内市町村での他の取組事例

   ・橋本市シルバー人材センター「街のお助け隊サービス」

   ・紀の川市シルバー人材センター「シルバーお助け隊」

  ■他府県の有償ボランティア活動の参考事例

   ・大阪市東成区社会福祉協議会(きづくちゃん「たすけ愛」活動)

   ・福岡市シルバー人材センター(ワンコインお助け隊)

※有償ボランティアとは
  ボランティア活動をしたいという意志を持った人が、活動に係る実費程度の金銭をお礼の範囲で受け取り活動を実施するもの。

有償ボランティア活動創出事業
  地域で必要とされる生活支援などの支え合い活動を有償ボランティア活動として創出する市町村に対し補助を行う事業です。

○わかやまシニア元気アップ事業(平成26~平成27年度)

  高齢になっても健康を保ち続け、地域の支え合い活動等に参加していただける元気な高齢者を増やすために、健康づくりに自主的に取り組む高齢者グループに貸し付ける機材の購入経費に関し、市町村の補助を行う事業です。 

市町村の取組状況一覧

○参考資料
  ・補助金交付要綱
  ・事業実施要領