現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す> 長寿社会課・高齢者生活支援室 > 認知症対策について > 認知症地域支援推進員

認知症地域支援推進員

  認知症地域支援推進員(以下、推進員といいます)とは、認知症の人に対し状態に応じた適切なサービスが提供されるよう、地域包括支援センターや医療機関、介護サービス事業所など、地域において認知症の人を支援する関係者の連携を図り、また認知症の人やその家族を支援する相談業務等を行います。
平成30年4月には全ての市町村に配置し、認知症初期集中支援チームとも連携しながら地域の実情に合った認知症施策を推進します。

●県では、推進員となるための研修受講や市町村間の情報交換会の開催等により、市町村における推進員配置を支援しています。

   研修受講者 平成27年度 23人(17市町)

(認知症初期集中支援チームと推進員の概念図)