現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 長寿社会課・高齢者生活支援室 > 医療と介護の連携

医療と介護の連携について

  地域包括ケアシステムの構築のため、医療・介護関係職種間の連携を推進する取組を行っています。

○医療と介護連携推進会議

  県庁内の医療・介護担当課長等をメンバーとした会議を開催し、各保健所管内での医療と介護のネットワーク構築を図ります。

 

○各県立保健所の取組

  各保健所管内での医療と介護のネットワーク構築のため、具体的な取組を実施しています。


○退院調整ルール策定協議

  保健所の調整のもと、病院と介護支援専門員(ケアマネジャー)と市町村(地域包括支援センター)が協議し、高齢者が退院する際の情報提供のルールを作り、適切な退院調整の実施を図ります。

 

○在宅医療介護チームケア推進事業

  地域における医療介護連携によるチームケア体制の整備を行うことにより、高齢者に対する効率的・効果的な医療介護サービスの提供を図ります。