現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 長寿社会課 ・ 高齢者生活支援室 > 外出困難高齢者等支援

福祉保健部長寿社会課高齢者生活支援室

外出困難高齢者等支援事業について

 身体的・地理的理由により、自力で公共交通機関を使って通院や買い物など、外出が困難な要介護等高齢者や身体障害者等の移動手段として福祉有償運送を行う社会福祉法人や特定非営利活動法人等を支援します。

 (内容)
  福祉有償運送を新たに開始する事業者や既実施事業者の下記の経費に補助金を交付します。
  ア:福祉車両など自動車の購入。上限2,800千円(県負担は1/2の1,400千円)
  イ:車両の福祉仕様への改造。上限600千円(県負担は1/2の300千円)
  注)福祉有償車両の用に供する自家用自動車の名義は、福祉有償運送を行う法人名義です。

○和歌山県外出困難高齢者等支援事業補助金交付要綱

 

福祉有償運送について

 道路運送法では、自家用自動車は、有償で運送の用に供してはならないとされています。つまり、自家用車に人を乗せて運賃をもらってはいけないということです。
  ただし、例外がいくつかあり、その一つに「福祉有償運送」等があります。

○福祉有償運送とは
 バスやタクシーによっては十分な輸送サービスが提供されず、移動制約者の輸送が確保されていない場合、公共の福祉を確保する観点から、NPO法人等にボランティア有償運送を認める登録制度です。

○実施主体
  NPO法人、社会福祉法人、医療法人、一般社団法人又は一般財団法人、農業協同組合、消費生活協同組合、商工会議所、商工会等が実施主体になれます。

○利用者
  要介護認定や要支援認定を受けている者、身体障害者、その他障害を有する者のうち、他人の介助によらずに移動することが困難な方々です。
  ※事前に旅客名簿に登録必要

 

●実施に当たり必要な事項
  ・市町村が主宰する「運営協議会」の合意
  ・近畿運輸局への登録

●運賃設定
  ・タクシーの上限運賃の概ね1/2範囲内

●運転者の要件
  ・第二種免許又は、第一種運転免許を取得し、一定の講習を修了した者

●県内の既実施事例
  ・橋本市、九度山町、高野町、紀美野町、田辺市、すさみ町、 北山村

 

※もっと詳しく福祉有償運送について知りたい方へ
(きのくに介護deネットトップページ内の福祉有償運送へ)