現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 和歌山県立仙渓学園 > あらまし・概要・沿革

あらまし・概要・沿革

児童自立支援施設
和歌山県立仙渓学園

〒649-6435
和歌山県紀の川市東三谷900番地
電話 0736-77-3172
FAX 0736-77-4740
紀の川市立打田中学校仙渓分校
電話 0736-77-3664
FAX 0736-77-3284
春の風景


大きな地図で見る

あらまし

 仙渓学園は児童福祉法に基づいた和歌山県立の児童福祉施設です。
保護者の適切な監護が得られないなど、様々な事情で家庭や学校あるいは地域の環境になじめない 児童、また問題行動のある児童等を受け入れ、職員と起居を共にしながら恵まれた自然環境の中で、 生活・学習・スポーツ・作業活動を通して心身を健やかに育て、健全な社会の一員として自立できるように支援する施設です。
 また、平成12年4月から打田町立打田中学校仙渓分校・打田町立池田小学校分教室が開設され、福祉と教育の両面から総合的な支援をしています。
 平成27年2月に新しい本館・教室棟、体育館が完成し、3月20日に竣工式を行いました。

      竣工式

学園の概要

敷地面積 :50,623.10㎡(内建物2,867.76㎡、運動場3,846.26㎡、畑及び山林)
入所定員 :50名
施   設 :中舎交替寮(男子1寮、女子1寮) 食堂(厨房含む)
        本館・教室棟 体育館 プール及び体育倉庫 部室
組   織 :園長 次長 総務課(庶務、管理、調理)
               生活指導課(児童の生活指導)
               自立支援課(児童の自立支援)

沿革

明治37年 和歌山出身、森氏が和歌山市小松原通四丁目に「私立和歌山感化保護院」を設立する。
明治42年 3月 名称を「県立仙渓学園」と改称する。
明治42年 4月 本県に感化法が施行される。
大正 2年12月 和歌山市塩屋南ノ坪に園舎を移転する。
昭和 8年 5月 感化法廃止され、少年教護法が公布される。
昭和10年 5月 少年鑑別所を併設する。
昭和15年 6月 本館火災により焼失する。
昭和16年 3月 本館復旧工事を竣工する。
昭和22年12月 児童福祉法が公布される。
昭和23年 1月 児童福祉法公布により教護院となる。
昭和43年 1月 那賀郡打田町東三谷900番地で新築工事起工式を行う。
昭和44年 3月 新園舎に移転する。
平成10年 4月 児童福祉法改正により児童自立支援施設となる。
平成12年 4月 「打田町立打田中学校仙渓分校」、「打田町立池田小学校分教室」による学校教育を導入する。
平成12年12月 新寮舎へ移寮する。(男子1寮、女子1寮)
平成17年11月 市町村合併により住所が紀の川市東三谷900番地となる。
平成27年 2月 新しい本館・教室棟、体育館が完成する。