Listen to this page using ReadSpeaker

平成26年度版

児童扶養手当のご案内
児童扶養手当とは
 
児童扶養手当とは、父母の離婚などで父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉増進を図ることを目的として支給される手当です。

1児童扶養手当を受けることができる方


手当の額と支払日
手当支給の所得による制限について
手当を受けるときの手続き
児童扶養手当を受けている方の届け出の義務

ご注意下さい
 
次のような場合は、手当を受ける資格がなくなりますから、必ず資格喪失届を提出してください。 届け出をしないまま手当を受けていますと、その期間の手当を全額返還していただくことになりますからご注意ください。
  1. 手当を受けている父又は母が婚姻したとき(内縁関係、異性との同居なども同じです)
  2. 対象児童を養育、監護しなくなったとき(児童の施設入所・里親委託・婚姻を含みます)
  3. 国民年金、厚生年金、恩給などの公的年金を受けることができるようになったとき(子どもが年金の加算対象になったときを含みます)  【ただし、手当よりも低額の公的年金を受給している場合、平成26年12月1日より差額が支給されます】
  4. 児童を遺棄していた父又は母が帰ってきたとき(安否を気遣う電話・手紙など連絡があった場合を含みます)
  5. 児童が父又は母と生計を同じくするようになったとき(父又は母の拘禁が解除された場合を含みます)
  6. その他受給要件に該当しなくなったとき(死亡、年齢到達、国内に住所がなくなったときなど)
★手当証書 証書を他人に譲り渡したり、質に入れたりすることはできません。
★罰  則 偽りその他不正の手段により手当を受けた者は、3年以下の懲役または30万円以下の罰金に処せられます。


請求の手続きやこの制度の仕組みなど、詳しくはお住まいの市町村児童扶養手当担当課または最 寄りの県振興局保健福祉課におたずねください。
和歌山県福祉保健部子ども未来課
〒640-8585 和歌山市小松原通1-1
電話 073-441-2493 (児童扶養手当担当係)