現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >環境管理課>フロン回収破壊法

環境生活部環境政策局環境管理課

○フロン回収・破壊法について

フロン類(CFC:クロロフルオロカーボン、HCFC:ハイドロクロロフルオロカーボン、HFC:ハイドロフルオロカーボン)は、オゾン層の破壊や地球温暖化の原因となることから、大気中への放出を抑制することが必要です。

このため、平成13年に「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律(フロン回収・破壊法)」が制定され、業務用冷凍空調機器が廃棄される際のフロン類の回収等が義務づけられました。

また、業務用冷凍空調機器が廃棄又は整備される際にフロン回収がより確実に行われるよう平成18年度には同法の改正が行われ、解体工事の際の説明義務や行程管理制度の導入、整備時のおけるフロン類の回収等が新たに規定されました。

さらに、今後地球温暖化に深刻な影響を与える代替フロンの排出量の急増が見込まれることや、機器使用時の漏えい等による排出についての対策の必要性を踏まえ、平成25年6月に2度目の改正法が成立しました。これにより従来の業務用冷凍空調機器からのフロン類の回収・破壊に止まらず、フロン類の製造から使用中の管理、廃棄時に回収した冷媒の最終処理まで、フロン類のライフサイクル全体での総合的な対策を推し進めていくこととなりました。

法律名も「フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律」と改めます。

今回の法改正に伴う新しい制度は、法律の公布後2年を超えない範囲の政令で定める日に施行されます。

◆フロン回収・破壊法の概要や仕組みについてはこちら (環境省パンフレット)

○関係者の果たす役割

機器の所有者

・回収業者へのフロン類の引渡義務

・特定解体元請け業者による業務用冷凍空調機器の設置の有無の確認に対する協力

・行程管理制度に係る書面(回収依頼書or委託確認書or再委託承諾書)の交付

・委託確認書、引取証明書等の写しの保存(3年)

・フロン回収等の費用の負担

建築物解体業者

・業務用冷凍空調機器の設置の有無について事前確認し、発注者に書面(事前説明書)で説明

・フロン回収を含めて解体工事を請け負う場合は、第一種フロン類引渡受託者となり、発注者から交付を受けた委託確認書を回収業者に回付。

・回収業者への引渡しの再委託を行う場合は、発注者から再委託承諾書の交付を受け、再委託先へ回付。

・委託確認書及び再委託承諾書の保存(3年)

業務用冷凍空調機器の設備工事業者

・機器の設備工事に伴い、フロン類の回収(抜き取り)を行う場合は、回収業者としての登録が必要。

機器の整備、メンテナンス業者

・機器の整備時においてフロン類の回収(抜き取り)を行う場合は、回収業者としての登録が必要。

金属くずリサイクル業者

・業務用冷凍空調機器を有償で引き取る場合であっても、引き取った機器を再び業務用冷凍空調機器として使用せず、部品等としてリサイクルする場合は、機器の元の所有者によるフロン類の回収(回収業者への引き渡し)が必要。

・機器の引き取りと併せて第一種フロン類回収業者へのフロン類の引渡も受託する場合は、第一種フロン類引渡受託者となり、依頼者から委託確認書の交付を受けることが必要。この場合、委託確認書の保存(3年)も必要。

第一種フロン類回収業者

・都道府県知事の登録を受けること

・廃棄等実施者等からのフロン類引取義務

・フロン類破壊業者等へのフロン類引渡義務

・行程管理制度に係る引取証明書の交付、写しの保存(3年)

・フロン類の回収に関する基準の遵守

・回収したフロン類の記録

・都道府県知事への回収量等の報告

○罰則

何人も業務用冷凍空調機器中の冷媒フロンをみだりに放出することは禁止されています(法第38条)。

罰則規定についてはこちら(PDFファイル)

 

○行程管理制度

業務用冷凍空調機器の廃棄やリサイクルの際にフロン類の回収が必要な場合は、フロン類の引渡の委託等を書面で把握し、管理しなければなりません。

行程管理制度のフロー図についてはこちら(環境省パンフレットP10からP11)

回収依頼書、委託確認書、再委託確認書、引取証明書などの行程管理票の様式は法令では定められていません。記載事項をもれなく記載した書面の交付を行って下さい。必要事項の記載が最小限で済むよう作成された複写式の行程管理票をフロン回収推進産業協議会(INFREP)が発行しています。

複写式の様式はフロン回収推進産業協議会(INFREP)のホームページから購入することが出来ます。

◆ホームページはこちら

県内で複写式様式の販売を行っている窓口は以下のとおりです。

和歌山地区 和歌山県冷凍空調設備協会

〒640-8158 和歌山市十二番丁75番地 電話・FAX:073-431-0617(平日午後~)

田辺地区 紀陽ダイキン空調株式会社 田辺営業所 

〒641-0036 田辺市江川町2番地51号 電話:0739-23-1257 FAX:0739-23-1605

新宮地区 中村冷機株式会社

〒647-0042 新宮市下田二丁目3番32号 電話:0735-22-7125 FAX:0735-23-2550

串本地区 中村冷機株式会社 串本営業所

〒649-3503 東牟婁郡串本町串本2068番地 電話:0735-62-3330 FAX:0735-62-5040

 

 

○よくあるご質問について

よくあるご質問はこちら

 

○法律・施行令・施行規則

特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律
(平成十三年六月二十二日法律第六十四号)

特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律施行規則
(平成十三年十二月十四日経済産業省・環境省令第十三号)

特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律施行令
(平成十三年十二月十二日政令第三百九十六号)

 

○関連リンク

和歌山県冷凍空調設備協会

一般社団法人近畿冷凍空調工業会

一般社団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)