現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >環境生活総務課>平成27年度和歌山県住宅用太陽光発電設備導入補助金に関するお知らせ

平成27年度住宅用太陽光発電設備導入補助金について(平成27年12月3日更新)

【公開抽選の実施について】※抽選会は終了しました

平成27年度住宅用太陽光発電設備導入促進事業の申込を10月30日まで受け付けたところ、申込額が予算額を上回りましたので、公開抽選を実施しました。

(1)日時 平成27年11月25日(水)

区分
時間
既築   (Aで始まる抽選番号)
10:00~
新築   (Bで始まる抽選番号)
13:00~
併設既築(Cで始まる抽選番号)
14:30~
併設新築(Dで始まる抽選番号)
16:00~

(2)会場 和歌山県庁(和歌山市小松原通1-1) 本館4階 環境生活部会議室

(3)抽選方法
   平成27年度和歌山県住宅用太陽光発電設備導入促進事業における公開抽選方法は、各位の数字の順位を抽選器により決定し、その位の数字をパソコンを用いて組み合わせて当選番号の順位を決定する方法です。詳しくは下記のファイルをご覧ください。

・平成27年度住宅用太陽光発電設備導入促進事業に係る抽選等の実施方法について

(4)申込状況
区分
応募者数
予定採択者数
予想倍率
既築
246
89
2.76
新築
61
21
2.90
併設既築
91
32
2.84
併設新築
429
150
2.86
合計
827
292
2.83


(5)抽選結果

(6)当選された方の手続き・提出書類について

【重要】昨年度から実施要綱・要領・Q&Aを変更しています。必ずご確認ください。

<主な変更点>         

消費者安全調査委員会(H26.12.19報告書)で、「エコキュートの運転音が、健康症状の発生に関与していると考えられる。」と指摘があり、一般社団法人日本冷凍空調工業会の「騒音等防止を考えた家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック」を遵守することを補助要綱第2条(補助金の交付対象者)に追加しました。
※これに伴い、申込時及び交付金申請時に必要な提出書類が追加されていますので、ご注意くださ い。

 ・「騒音等防止を考えた家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック」

詳しい内容についてはこちらをご覧下さい
■対象者

補助金の交付対象は、次のいずれかに該当する方とします。ただし、下記住宅は、一戸建て専用・併用住宅とし、別荘など一時的に使用するものは除くものとします。

(1)県内において自らが居住する住宅(新築する住宅を含む)に自らの所有に係る住宅用太陽光発電設備を設置しようとする個人又は自らの所有に係る住宅用太陽光発電設備と別表の設備を併せて設置しようとする個人
(2)県内において自らの居住の用に供するため、住宅用太陽光発電設備を設置した新築住宅又は住宅用太陽光発電設備と別表の設備を併せて設置した新築住宅を購入しようとする個人

■主な条件

対象者は次の全ての要件を満たすこと
(1)平成27年3月1日から平成28年2月末までに電気事業者と太陽光発電設備の設置を伴った電力受給契約を新たに開始すること。
(2)住宅用太陽光発電設備は、低圧配電線と逆潮流有りで連系し、かつ、太陽電池の最大出力(当該設備を構成する太陽電池モジュールの公称最大出力の合計)又はパワーコンディショナの定格出力のいずれか低いほうの値が10kW未満のものとする。
(3)設置する太陽電池、別表の設備は、交付対象者による設置前において未使用であること。
(4)太陽光発電設備に係る契約を県内事業者と締結し、又は施工を県内事業者に発注すること。
(5)共有名義又はこの補助金の申請者名義でない住宅に太陽光発電設備を設置する場合は、所有者全員から承諾を得ていること。
(6)過去にこの補助金の交付を受けたことがないこと。
(7)住宅用太陽光発電設備と別表の設備を併せて導入し、補助金の申請をしようとする者にあっては、平成27年3月1日から平成28年2月末までに別表の設備の設置を完了すること。
(8) 住宅用太陽光発電設備と別表の自然冷媒ヒートポンプ給湯器(通称:エコキュート)を併せて導入し、補助金の申込をしようとする者にあっては、一般社団法人日本冷凍空調工業会の「騒音等防止を考えた家庭用ヒートポンプ給湯機の据付けガイドブック」(平成24年2月改訂版)を遵守して設置し、又は設置していること。

■別表

 

対象機器名
通称
家庭用蓄電池
家庭用燃料電池
エネファーム
自然冷媒ヒートポンプ給湯器
エコキュート
ガスエンジン給湯器
エコウィル

 

■補助金額

出力(太陽電池モジュール公称最大出力の合計値又はパワーコンディショナ定格出力のいずれか低い方の数値)で計算します。ただし、算出された額に1,000円未満の端数が生じた場合には、これを切り捨てるものとします

【住宅に太陽光発電設備のみを設置する場合】

  • 既築住宅     25,000円/kW (上限:100,000円)
  • 新築住宅その他  15,000円/kW   (上限:60,000円)

【住宅に太陽光発電設備と別表の設備を併せて設置する場合】

  • 既築住宅     35,000円/kW  (上限:140,000円)
  • 新築住宅その他  25,000円/kW   (上限:100,000円)

全体予算は、29,600千円です。

■申込期間 

平成27年4月1日(水)~平成27年10月30日(金) (消印有効)
申込みは終了しました。

■採択の決定

申込期間終了後、決定します。
※補助金申込額が予算額を上回る場合、抽選を行い採択者を決定します。

■主な注意点

○ 建売住宅および敷地内倉庫等への設置(ただし住宅へ電気を引き込むことが条件)は新築住宅その他の区分となります。
○ 太陽光発電設備および併設設備は、交付対象者による設置前において未使用とします。またリース契約は対象外です。
○ 区分の変更、増額の変更等は10月30日までです。それ以降は変更できませんのでご注意ください。
  例えば併設区分で申込み、当選しても併設設備の設置がない場合は補助金の交付ができません。
○ 抽選会の案内は11月中に申込者全員に申込者本人宛に発送します。ご確認ください。

■当選後について

○ 当選した方は当選後に申請書と添付書類を提出していただきます。
○ 平成26年度より当選後の提出書類で「太陽光発電設備に係る契約日を示す資料」として工事請負契約書の写し、または売買契約書の写し等必須となりました。
既築住宅区分でお申し込みの方は、当選後の提出書類で「既築住宅であることを示す資料」が必要になります。登記事項証明書、設置工事前の住宅写真(屋根が写っているもの)等をご提出いただきますので、あらかじめご用意をお願いします。
○ 当選後の提出書類について詳細は抽選会後にご案内しますが、要綱・要領・Q&Aでも確認できますのでご覧ください。

要綱・要領・Q&Aを確認した上で補助金を申し込まれる方は
  1. 設備設置の前後は問いませんので、条件に該当する方は
      ・別記第1号様式
      ・別記第2号様式(太陽光のみ区分)又は別記第3号様式(太陽光と併設区分)
      ・別記第3号様式の2(太陽光とエコキュートを併設) をダウンロード
  2. 記入例を参考にしながら様式2枚に必要事項を記入
    ※エコキュートを併設する場合は3枚(別記第3号様式の2は両面です。)に必要事項を記入
  3. 平成27年10月30日までに和歌山県環境生活総務課に持参または郵送(消印有効)

(ファイル一覧)

代行者について
  1. 代行者とは、太陽光発電システム販売業者や施工業者等で、本人から代行の委任を受けた者のことです。本事業の申込手続きは本人が直接行っていただくほか代行者を通じて行うこともできます(事前登録等の必要はありません)。
  2. 代行者を通じて申込みする場合においても、県に必要書類が届いた時点で受理とします。
  3. 県が事前に求めた場合のみ、代行者は申込記載内容の電子データと別記第10号様式の提出をしていただくことになります(全ての代行者がこれらを提出するわけではありません)。その際には別記第1号様式において「代行者があなたの申込書記載内容を電子データにて提供すること」への同意がある方のみのデータを提出していただくことになります。
    ※代行者について、詳しくは本事業要綱、要領、Q&Aをご覧下さい。
お申し込みの流れ

申込みから補助金交付までの流れ