現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 環境生活総務課 >環境影響評価条例改正

環境生活部 環境政策局 環境生活総務課

「和歌山県環境影響評価条例の一部を改正する条例(案)の概要」について


意見募集は締め切りました。

1.趣旨
和歌山県環境影響評価条例は、土地の形状の変更、工作物の新設等の事業を行う事業者がその事業の実施にあたり、環境影響評価を実施することが環境保全上重要であることにかんがみ規模が大きく環境影響の程度が著しいものとなるおそれがある事業について、環境影響評価及び事後調査についての手続き等所要の事項を定めています。
環境影響評価法が施行されてから10年が経過し、平成23年度に法改正されるなど、この間の課題や環境の変化に対応するため和歌山県環境影響評価条例について所要の改正を行います。
つきましては、和歌山県環境影響評価条例の一部を改正する条例(案)の概要について、広く県民の皆様からご意見を募集いたします。

2.募集期間
平成24年9月18日(火)~平成24年10月1日(月)

3.閲覧資料
和歌山県環境影響評価条例の一部を改正する条例(案)の概要(下記のとおり)

4.頂いたご意見の件数
1件のご意見をいただきました。

5.頂いたご意見と県の考え方
別紙のとおり

和歌山県環境影響評価条例の一部を改正する条例(案)の概要
1 内 容
(1)方法書要約書の作成を追加
方法書についても準備書と評価書と同様に要約書の作成を義務付ける
(2)方法書段階における説明会の開催の義務化
方法書についても準備書と同様に説明会の開催を義務付ける
(3)電子縦覧の導入
以下のいずれかの方法による縦覧を義務付ける
・自らのウェブサイトへの掲載
・県又は関係市町村の協力を得て当該地方公共団体のウェブサイトへの掲載
(4)環境保全措置(事後調査)の公表等の手続きの具体化
これまで事後調査について、公表の規定がなかったことから公表手続きを追加する。

2 施行予定
平成25年4月