現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >環境生活総務課 > 自然環境室 > 特定外来生物「ヒアリ」について

特定外来生物「ヒアリ」について

平成29年7月7日現在、和歌山県内ではヒアリは発見されていませんが、万が一、ヒアリを見つけた場合は、以下に注意してご対応をお願いします。

ヒアリを見つけたときの注意点

  • 強い毒性を持つため、生きた個体を素手で触らないでください。
  • 生息している可能性があるような場所(緑地帯や芝生の土等)には手を入れないようにしてください。
  • 万が一、見つけた場合は、刺激(アリを踏もうとしたり、巣を壊す等)せず、最寄りの保健所県自然環境室又は近畿地方環境事務所にご連絡ください。

※その際、発見日時、発見場所、発見時の状況について、できる限り写真の画像を添えてご連絡いただくようお願いします。

ヒアリに刺されたときは

  • 刺されると激しい痛みがはしります。
  • 刺された場合は、まずは安静(20~30 分程度)にしてください。
  • その後、容体が急激に変化することがあれば、最寄りの病院を受診してください
  • 受診の際は、「アリに刺されたこと」「アナフィラキシー(重度のアレルギー反応であること)の可能性があること」を伝えてください。

 

ヒアリかどうかの確認

 特徴は以下のとおりです。

  • 体長は2.5~6ミリメートル程度、集団の中には、小さいものから大きいものまで連続的な変異がある
  • 体色は赤茶色でツヤツヤしており、腹部の色は暗め
  • 腰に2つのこぶがあります(腹柄が2節になっている)

説明: http://www.env.go.jp/press/104185/hiari_img.jpg
    ヒアリ(写真提供:環境省)

≪参考 ヒアリでないもの≫

  次のいずれかに該当するアリは「ヒアリ」ではありません。

  • 黒いアリ(ただし、海外には黒いヒアリ類もいます)
  • 2.5ミリ以下の小さいアリ
  • 赤っぽいアリでも大きさに連続的変異のないもの(アリの集団内での個体の大きさが均一で揃っているもの)

 

問い合わせ先

 

 最寄りの保健所か和歌山県自然環境室(平日のみ、電話073-441-2779)
   ※休日の場合は保健所へお願いします。

 環境省近畿地方環境事務所野生生物課(電話:06-4792-0706)

 

参考資料

●環境省資料「ストップ・ザ・ヒアリ(ヒアリの特徴・生態・駆除方法・刺されたときの対処方法等の参考)」(PDF:7MB)

●JIUSSI (国際社会性昆虫学会日本地区会ホームページ)(ヒアリの見分け方)

 

環境省報道発表

 

平成29年7月6日「ヒアリに関する諸情報について」

平成29年7月5日「兵庫県内におけるアリの調査状況報告について」

平成29年7月4日「大阪港におけるヒアリの確認について(女王アリの確認)」

平成29年6月21日「神戸港におけるアリの調査状況報告について」

平成29年6月18日「神戸港における緊急調査で確認されたヒアリについて」

平成29年6月13日「ヒアリ(Solenopsis invicta)の国内初確認について」


保健所

名称 窓口 所在地 電話番号
海南保健所 衛生環境課 海南市大野中939
073-482-0600
岩出保健所 衛生環境課 岩出市高塚209 0736-63-0100
橋本保健所 衛生環境課 橋本市高野口町名古曽927 0736-42-3210
湯浅保健所 衛生環境課 有田郡湯浅町湯浅2355-1 0737-63-4111
御坊保健所 衛生環境課 御坊市湯川町財部859-2 0738-22-3481
田辺保健所 衛生環境課 田辺市朝日ヶ丘23-1 0739-22-1200
新宮保健所 衛生環境課 新宮市緑ヶ丘2-4-8 0735-22-8551
新宮保健所 串本支所 保健環境課 東牟婁郡串本町西向193 0735-72-0525