現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 環境生活総務課 自然環境室 >セアカゴケグモ

環境生活部環境政策局環境生活総務課 自然環境室

セアカゴケグモにご注意を!

 和歌山市内の小学校で平成8年11月に、また、平成11年9月に共同墓地で、その後平成15年10月に橋本市内の
公園や住宅地、岩出町の運動公園及び和歌山市内の住宅地等でセアカゴケグモが見つかっています。

 セアカゴケグモは、熱帯地方などに分布するクモで毒を持っています。本国内には生息していなかったクモですが、
 平成7年11月に大阪府高石市内で初めて発見され、その後、大阪府南部の市町村や三重県、奈良県等でも確認されています。

 セアカゴケグモは車や建築資材等に付着して運ばれ、各地でも見つかる場合があると思われますので注意してください。


セアカコケグモのメス

前右前右後ろ


体の特徴

成体のメスは約10~15mmで、全体的に黒色又は濃い褐色です。

特に腹部背の部分に赤色の帯状の模様があるのが特徴です。

成体のオスは約3~5mmで、腹部背の部分に白い斑紋があります。オスによる咬傷事例は無いとされています。


生息場所

巣を作るために、日当たりがよく暖かいところ、昆虫などのエサが豊富なところ、適当な隙間があるところが必要です。

例えば

  • 側溝の側面やふたの裏側
  • 墓地の花立てや線香立てなどの隙間
  • 花壇周りの隙間

などがあります。


性格

セアカゴケグモは基本的におとなしい性格で攻撃的ではありません。脅かされると死んだふりをして動かなくなります。
ただ強い毒を持っていますので、素手ではつかまえないようにしてください。

素手でさわるなどしない限り、特に咬まれることはありません。


駆除方法

見つけたら、市販の殺虫剤をかけるか、底の厚い靴で踏みつぶして駆除してください。
ただ、卵には殺虫剤の効果が薄いようです。


咬まれたときの対応

咬まれた時は針で刺されたような痛みを感じ、その後、咬まれたまわりが腫れ、熱くなり、時間の経過とともに
全身に広がります。
悪化すると、四肢の痛みや腹痛、けいれんなどが現れることもありますので、
病院で治療を受けることが必要です。(出来れば病院に、咬まれたクモを持参してください。適切な治療につながります。)


対策

  • 外で作業するときは、手袋をしましょう。
  • 不用意に側溝等の隙間に手を入れないようにしましょう。
  • クモの生息しそうな場所は、こまめに清掃したり整理整頓したりして、クモの住みにくい環境作りをしましょう。

リンク

アドビリーダーダウンロードサイトへ PDF書類をご覧いただくには、AdobeReaderが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Adobe Readerをインストールしてください。AdobeReaderはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。