現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 環境生活総務課 自然環境室 > ラムサール条約

ラムサール条約
世界最北の大サンゴ群生地 串本沿岸海域


串本沿岸海域  
 
 登録区域

平成17年11月、ウガンダで開催されたラムサール条約第9回締約国会議において、「串本沿岸海域」がラムサール条約湿地に登録されました。

ラムサール条約(正式名称:特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)とは、登録湿地の保全及び湿地の適正な利用を目的として、1971年、イランのカスピ海湖畔の町ラムサールで採択された条約です。


串本沿岸海域の概要

本州という高緯度に位置しながら、黒潮の強い影響下にあり、サンゴの種の多様性及び被度が高く、熱帯魚類をはじめ多くのサンゴ礁性生物が生息しています。

また、世界最北の大サンゴ群生域があり、テーブル状のクシハダミドリイシやオオナガレハナサンゴ群落は国内最大規模をなし、これらの種を含め、世界最北となるサンゴ群落も多数分布しています。

テーブルサンゴとチョウチョウウオ  
オオナガレハナサンゴ  
串本沿岸海域マスコット アクロとポーラ

串本沿岸海域マスコット 「アクロ」と「ポーラ」
ハート型の大きなサンゴが「アクロ」
Y字型の小さなサンゴが「ポーラ」

これらのマスコットは、横浜市のイラストレーター・牛島浩美さんが手がけたものです。イシサンゴ類の「ミドリイシ属」の学名、「アクロポーラ」から名付けられました。
今後、条約登録海域をPRするチラシやパンフレット等に使用されます。


関係機関リンク