現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 環境生活総務課 > 自然環境室 > 平成29年度串本海中観察会

平成29年度串本海中観察会(実施報告)

1 概要

 ラムサール条約湿地に登録されている串本沿岸のサンゴの生態について学び、自然環境保全への関心と理解を深めるため、平成29年度串本海中観察会を実施しました。

  1. 日  時  第1回:平成29年8月21日(月) / 第2回:平成29年8月24日(木) 午前10時から午後4時まで
  2. 場  所  串本海中公園(吉野熊野国立公園 串本2号海中公園海域公園地区内)
  3. 内  容  串本海中公園に生息する生き物の解説、スノーケリングによる海中観察等
  4. 対  象  小学校4年生以上(小学生は保護者同伴)
  5. 参加者  第1回:5組17名 / 第2回:10組21名
  6. 参加費  1名3,000円(中学生以下は1名2,500円)
  7. 主  催  第1回:環境省近畿地方環境事務所 / 第2回:和歌山県
  8. 協  力  串本町、株式会社串本海中公園センター
  9. 後  援  南紀熊野ジオパーク推進協議会

 本観察会は2年連続で台風により中止となっていましたが、本年度は天候に恵まれ、3年ぶりに実施することができました。
 なお、 県主催の第2回については、波高が高かったため、スノーケリングの実施場所を変更しましたが、参加者の皆様には、専門家の指導の下で安全に海中を観察していただけました。

2 実施風景

講義場所(錆浦海中公園研究所) ラムサール条約に関する講義 1
講義場所(錆浦海中公園研究所)
ラムサール条約の解説
串本海中公園に生息する生き物の解説
スノーケル用具の使い方に関する実技講習 串本ダイビングパーク(第1回のスノーケリング実施場所) a
スノーケル用具の使い方に関する
実技講習
串本ダイビングパーク
(第1回のスノーケリング実施場所)
スノーケリングの様子(第1回)
高浜海岸(第2回のスノーケリング実施場所) スノーケリングの様子(第2回) スノーケリングの様子(第2回)
高浜海岸
(第2回のスノーケリング実施場所)
スノーケリング上級者班の様子(第2回)
※奥は串本海中公園海中展望塔
スノーケリング中級者班の様子(第2回)
※奥は潮岬
スノーケリング初級者班の様子(第2回) 海中観察で見られた生き物の解説 講評
スノーケリング初級者班の様子(第2回)
スノーケリング中に観察できた
生き物の紹介
講評
(串本海中公園センターの野村館長)

 

平成29年度串本海中観察会(受付終了)

1 趣旨

 ラムサール条約湿地に登録されている串本沿岸のサンゴの生態について学び、自然環境保全への関心と理解を深める。

2 運営体制

○主催  環境省近畿地方環境事務所 和歌山県
○協力  串本町 株式会社串本海中公園センター
○後援  南紀熊野ジオパーク推進協議会

3 開催日時

○第1回 平成29年8月21日(月) 【予備日:8月25日(金)】
○第2回 平成29年8月24日(木) 【予備日:無し】
  午前10時から午後4時まで(午前9時45分受付開始)

4 開催場所

吉野熊野国立公園 串本2号海中公園海域公園地区
串本海中公園(東牟婁郡串本町有田1157)

5 内容

(1) 串本海域公園のサンゴ群集と生物多様性についてのスライドショー
(2) スノーケリング用具の使い方に関する実技講習
(3) スノーケリングによる海中観察

6 参加対象

小学校4年生以上
  ※小学生はスノーケリングによる海中観察への参加に保護者の同伴が必要です。

7 定員

各回20名(同伴の保護者を含む)

8 参加費

1名3,000円(中学生以下は1名2,500円)

9 申込み方法

電子メールまたは官製はがきに住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号(※日中に連絡がつく番号)、スノーケリング体験の有無、参加希望日(いずれかの日程を記入)を明記の上、7月31日(月)(必着)までに熊野自然保護官事務所へお申込みください。

熊野自然保護官事務所
 住所:〒647-0043 新宮市緑ヶ丘2-4-20
 メール:WB-KUMANO@env.go.jp

その他詳細は、「串本海中観察会のチラシ」をご覧ください。