現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 環境生活総務課 自然環境室 > 外来生物法

環境生活部環境政策局自然環境室

外来生物法について

  

 特定外来生物の飼養、輸入等について必要な規制を行うとともに、野外等に在する特定外来生物の防除を行うこと等により、特定外来生物による生態系、人の生命・身体または農林水産業に係る被害を防止することを目的に外来生物法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)が2005年6月から施行されました。
 特定外来生物とは、もともと日本にいなかった外来生物のうち、生態系などに被害を及ぼすものについて政府が
指定し、 飼育・栽培・保管・運搬・販売・輸入などが原則として禁止されます。
 学術研究などの目的で、適正に管理することができる施設を有している場合については、
主務大臣の許可を得ることで、特定外来生物の飼育・栽培・保管・運搬・販売・輸入などをすることができます。
 また、未判定外来生物は、生態系などに被害を及ぼすかどうか未判定である生物のことであり、
輸入しようとする場合は、事前に大臣に届け出る必要があります。
 詳しくは下記リンク先を参照してください。


◆ リンク
餌付け防止について (環境省のホームページです。)