http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031801/kishukko/image/title.gif

ちらは、和歌山県感染症情報センターです。

皆さんは「感染症」という言葉をご存知ですか?

感染症とは、細菌やウイルスが人・動物・昆虫から感染したり、傷口から侵入したことによって、発熱、下痢、 咳等の症状が出ることをいいます。

このホームページでは、県内のお医者様や医療機関のみなさまから提供していただいた感染症の流行状況や、予防接種のお知らせなど、いろいろな感染症に関する情報を発信しています。

みなさまの地域における感染症の予防にお役立てください。

 

感染症発生動向調査について

 

 


(第41週 109日〜1015日)

 

  RSウイルス感染症

RSウイルスを原因とする呼吸器感染症で、2歳までにほぼ100%の子供が初感染を受けるとされています。

県全体の定点当たり患者報告数は1.20人と増加し、過去5年間の同時期に比べやや多い状況です。

予防のために手洗い・うがいを徹底してください。

 

・ RSウイルス感染症について  (国立感染症研究所HP

 

 

詳しい流行状況やその他の感染症の流行状況については、

和歌山県感染症週報(WIDR)最新号 をご覧ください。

 

 

 

今流行している感染症は?

 

image002

 


海外へ渡航されるみなさまへ(厚生労働省HP

  詳細については厚生労働省HP」をご覧ください。

 

和歌山県における採取月別ウイルス検出情報を更新しました。

  詳細についてはこちらをご覧ください。

 

中東呼吸器症候群(MERS)に関する相談窓口について 

  和歌山県では相談窓口を設置しています。

  韓国及び中東地域から帰国後14日以内に、発熱、咳などの呼吸器症状のあるときは、まず最寄りの保健所にご相談ください。

  その際は、発生地域への渡航歴や症状をお伝えください。

 

詳しくは県の健康推進課HPをご覧ください

 

 


新型インフルエンザ(A/H1N1)は、201141日から通常の季節性インフルエンザに変わりました。

 

県内のインフルエンザ様疾患発生状況  

和歌山県新型インフルエンザ対策について

鳥インフルエンザ関連情報 (厚生労働省HP


 

医療機関の方へ!(感染症発生届出様式はこちら
※平成281121日から届出基準及び届出様式の一部が改正されました。

       詳細は「法律及び省令で定められている届出対象感染症一覧」をご覧ください。

 

mamahashika

 


 

お問い合わせは、
和歌山県 福祉保健部 健康局 健康推進課 まで
電話:073(441)2657  Fax073(428)2325
E-mail
e0412003@pref.wakayama.lg.jp

 


和歌山県環境衛生研究センター
   衛生研究部微生物グループ
 〒640-8272 和歌山市砂山南3丁目3番45号
 電話:073(423)9570  Fax073(423)7021
 E-maile0318011@pref.wakayama.lg.jp

 


ブログパーツUL5

 

© 2004 和歌山県感染症情報センター All rights reserved.

トップページへ戻る