現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 循環型社会推進課 > (特別管理)産業廃棄物収集運搬業の許可の合理化について

環境生活部環境政策局循環型社会推進課

(特別管理)産業廃棄物収集運搬業の許可の合理化について

 廃棄物処理法の改正(平成23年4月1日施行)により、収集運搬業の許可について手続きが合理化されました。 

 従来は、積卸しを行うすべての都道府県及び政令市の許可を受けなければなりませんでしたが、改正により、原則として一つの政令市を越えて収集運搬業を行う場合、その区域を管轄する都道府県の許可を受ければよいことになりました。

※政令市の許可が必要となる場合

  • 政令市の区域において積替え保管を行う場合
  • 都道府県内の一つの政令市のみで業を行う場合(政令市を超える範囲での収集運搬を業として行う県の許可を受けた業者が、一つの政令市内での収集運搬を行うことは可能)

説明図(環境省HPより)

 【上図の具体例】 和歌山県の場合

ケース①: 収集運搬業者Xが和歌山県(積保なし)及び和歌山市(積保なし)で業を行う場合は和歌山県の許可を受ければよいこととなりました。
ケース②: 収集運搬業者Xが県外e市(積保なし)及び和歌山市(積保なし)で業を行う場合の許可は従来と変わらずe市と和歌山市の許可が必要となります。
ケース③: 収集運搬業者Xが和歌山県(積保なし)及び和歌山市(積保あり)で業を行う場合は従来と変わらず和歌山県と和歌山市(積保あり)の許可が必要となります。

 なお、従来より和歌山県と和歌山市(積保なし)にて許可を有している方・和歌山市(積保なし)の許可を有していて和歌山県の許可を取得された方で、以下に示す経過措置に該当しない場合は和歌山県の許可に一本化され、和歌山市の許可は失効となります。

※経過措置
  和歌山県及び和歌山市(積保なし)にて許可を有している収集運搬業者において、市の許可の範囲に県の許可の範囲にないものがあるとき(例:市許可ががれき類・金属くず、県許可ががれき類の場合)の市の許可については有効期間満了まで失効しません。
  ただし、この場合においても県の許可において品目(金属くず)を追加した時点で市の許可は失効となり、県の許可に一本化されます。

 

合理化説明(環境省HPより)

 また、現在和歌山県の許可をお持ちで、事業の範囲中の「収集の区域 和歌山県全域(和歌山市の区域を除く。)」について書換えを希望する方についてはこちらをご覧ください。