Listen to this page using ReadSpeaker
現在、譲渡できる犬です

2月18日更新


※犬を譲り受けるには、
 
飼い方講習会受講と、飼育環境調査(面接)が必要です。
 講習会は、月3回、11時から開催しています。
 (時間に遅れると受講できません)

→譲渡の流れ、講習会の日程について、必ず
こちらをご確認ください。

※前日までに飼育環境調査がお済みの方を優先してマッチングします。
 譲渡開始予定日にマッチングを予定されている方は、前日までに飼育
 環境調査を
済ませておいてください


※講習会受講後、後日のマッチングを希望される場合は事前にお電話で
 ご予約ください。(電話073-489-6500)


毎日 10:30〜 譲渡手続き受付


雑種・オス・4〜6歳
 

雑種・オス・1〜2歳

 平成29年2月22日(水)は新宮保健所での譲渡会に参加
予定なので、動物愛護センターに来所されても譲渡できません


雑種・メス・8〜10歳
 
(27)
雑種・オス・平成28年10月生まれ

 平成29年2月22日(水)13:00〜
新宮保健所での譲渡会にて譲渡開始予定
※動物愛護センターに来所されても譲渡できません
 
(5)
雑種・オス・平成28年11月生まれ

*写真を掲載していても、すでに譲渡されている場合があります
ご了承ください



この後も、譲渡可能な犬達がいます。(只今、健康管理中!)



▼譲渡犬になるまでの流れ▼
 
和歌山県立保健所(和歌山市保健所を除く)および
和歌山県動物愛護センターに収容された犬

選抜
譲渡対象となる犬を選抜します
性格審査:人に対する攻撃性などを見ます
身体検査:糞便検査やフィラリア検査などを行います

健康管理
寄生虫の駆虫・伝染病混合ワクチンの接種
シャンプーなどを行います

ふれあい期間
他の犬や人との社会性を身につけさせます
成犬の場合は、基本的なしつけを行います

譲渡
狂犬病予防注射を接種していますので注射代2,640円が必要です
 


 

ひとつ戻る


トップページへ戻る