現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 青少年・男女共同参画課 > 青少年健全育成 > 世界を知ろう!日本を伝えよう!(内閣府青年国際交流事業)

世界を知ろう!日本を伝えよう!(内閣府青年国際交流事業)

 

平成27年度 内閣府青年国際交流事業参加青年の募集について

内閣府では、日本と世界各国の青年の交流を通じて、相互理解と友好を深め、広い国際的視野と国際協調の精神を養い、国際化の進む社会の各分野で活躍できる青年の育成を目的に青年国際交流事業を実施しています。

事業概要・応募資格

二国間の青年交流事業

国際青年育成交流 青年社会活動コアリーダー
育成プログラム
訪問国 カンボジア、ドミニカ共和国、ラトビア(3か国のうち1か国) ドイツ(高齢者関連活動分野)
英国(障害者関連活動分野)
オーストリア(青少年関連活動分野)
実施時期 平成27年9月5日~ 9月22日(18日間) 平成27年10月11日~10月20日(10日間)
研修 事前
7月6日~7月11日
出発前
9月3日~9月4日
帰国後
9月23日~9月27日
事前
6月26日~6月28日
出発前
10月9日~10月10日
帰国後
10月21日~10月22日
募集人数 各国14人(計42人) 各国8人(計24人)
資格要件 日本国籍を有する方
18歳~30歳(平成27年4月1日現在) 23歳~40歳(平成27年4月1日現在)
帰国後も事後活動組織に入会し、国際交流活動、青少年活動等を活発に行える方

交流活動を円滑に行える英語力を有する者
(ただし、訪問国の公用語による会話能力がある者については、選考に際しその点を考慮する。)

英語により簡単な日常会話ができる者が望ましい(選考には影響しません)
内閣府の青年国際交流事業にかつて参加したことのある方は応募できません 原則として各分野における社会活動の経験が3 年以上ある者で、専門とする分野について、知識又は技能がある者
個人負担 次の経費を除いた経費は内閣府及び受入国が負担します
  1. 渡航に要する往復航空運賃の一部(全額参加者が負担する事業もあります)
  2. 事前研修、出発前研修及び帰国後研修における宿泊料等及び食費
  3. 入国査証料、旅行保険等
  4. 日本における事後活動組織である日本青年国際交流機構への入会金(3万円)
  5. 事前研修に参加するための往復旅費
  6. 旅券発行手数料、予防接種料
  7. 疾病又は傷害の治療費用
  8. 小遣いその他の個人の用に必要な経費
1~3の概ねの金額
17万円程度 10万円程度
二国間の青年交流事業

日本・中国青年
親善交流
日本・韓国青年
親善交流
訪問国 中国 韓国
実施時期 平成27年8月24日~ 9月4日(12日間) 平成27年9月10日~9月24日(15日間)
研修 事前
7月6日~7月11日
出発前
8月22日~8月23日
帰国後
9月5日~9月6日
事前
7月6日~7月11日
出発前
9月8日~9月9日
帰国後
9月25日~9月27日
募集人数 25人 25人
資格要件 日本国籍を有する方
18歳~30歳(平成27年4月1日現在)
帰国後も事後活動組織に入会し、国際交流活動、青少年活動等を活発に行える方

中国語による簡単な日常会話ができる者が望ましい
(選考には影響しません)

韓国語による簡単な日常会話ができる者が望ましい
(選考には影響しません)
内閣府の行う青年国際交流事業に参加したことのある者は応募できません
個人負担 次の経費を除いた経費は内閣府及び受入国が負担します
  1. 渡航に要する往復航空運賃の一部(全額参加者が負担する事業もあります)
  2. 事前研修、出発前研修及び帰国後研修における宿泊料等及び食費
  3. 入国査証料、旅行保険等
  4. 日本における事後活動組織である日本青年国際交流機構への入会金(3万円)
  5. 事前研修に参加するための往復旅費
  6. 旅券発行手数料、予防接種料
  7. 疾病又は傷害の治療費用
  8. 小遣いその他の個人の用に必要な経費
1~3の概ねの金額
9万円程度 8万円程度
船を利用した多国間の青年交流事業

東南アジア青年の船

次世代グローバルリーダー事業
「シップ・フォー・ワールド・ユース・リーダーズ」

訪問国 東南アジア4か国
(ASEAN10カ国の青年約280人と共に船内などで共同生活をしながら各国を訪問)
インド・スリランカ
(世界10か国の外国青年約120人と共に船内で共同生活をしながら各国を訪問)
実施時期

平成27年10月28日~12月15日(乗船期間41日間:別途国内プログラム8日間あり)
国内プログラム
平成27年10月28日~11月4日

平成28年1月20日~2月29日(41日間)
 陸上研修 平成28年1月20日~1月26日
 船上研修 平成28年1月27日~2月29日
研修 事前
8月3日~8月8日
出航前
10月24日~10月27日
帰国後
12月16日~12月17日
事前
9月12日~9月17日
出発前
平成28年1月18日~1月19日
帰国後
平成28年2月29日~3月1日
募集人数 39人 120人
資格要件
  1. 日本国籍を有する方
  2. 18歳~30歳(平成27年4月1日現在)
  3. 帰国後も事後活動組織に入会し、国際交流活動、青少年活動等を活発に行える方
交流活動を円滑に行うことができる英語力を有する者
内閣府の行う青年国際交流事業に参加したことがある者は応募できません
個人負担 次の経費を除いた経費は内閣府が負担します
  1. 運行期間中の傭船料の一部及び船内供食費
  2. 事前研修、出航前研修及び帰国後研修における宿泊料等及び食費
  3. 入国査証料、旅行保険料等
  4. 表敬訪問等公式行事の際に着用する制服にかかる費用
  5. 日本における事後活動組織である日本青年国際交流機構への入会金(3万円)
  6. 事前研修に参加するための往復旅費
  7. 旅券発行手数料、予防接種料
  8. 日本を出てから帰国するまでの期間中における疾病、または傷害の治療費用
  9. 小遣いその他の個人の用に必要な経費
1~4の概ねの金額
30万円程度 28万円程度※
 
※次世代グローバルリーダー事業に関しては、経済的理由により参加費の納付が困難な場合に、参加費【28万円(1~4の概ねの金額)】の免除を申請することができる。内閣府において申請書及び必要書類を審査し、選考基準を満たした者のうちから認定された者の参加費を免除する。申請様式については、中間選考合格後、内閣府あてに提出
 
募集期間
平成27年3月23日(月)まで(必着)
応募方法
所定の参加申込書、作文等の提出が必要となります。
応募及び問い合わせ先
和歌山県環境生活部県民局青少年・男女共同参画課(和歌山市小松原通1-1:電話073-441-2500)または各振興局総務県民課
中間選考会
平成27年4月4日(土)又は11日(土) 和歌山ビッグ愛(和歌山市)
第2次選考会
5月または6月東京都内
詳細は内閣府「青少年の国際交流」ホームページへ
内閣府国際交流の広告

このページのトップに戻る