現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >国際課 > 和歌山県の姉妹都市提携について

企画部企画政策局国際課

日本国和歌山県「熊野古道」とスペイン国ガリシア州「サンティアゴへの道」との姉妹道提携協定書

  日本国和歌山県とスペイン国ガリシア州は世界の歴史文化遺産である「熊野古道」と「サンティアゴへの道」 が存在する地域として、永続的な友好関係を確立するため、ここに正式に両古道の姉妹道提携を締結する。
  両県州はそれぞれ東洋の東端と西洋の西端に位置し、両古道は歴史的にも巡礼路として同時期に発展し、歴史文化遺産としてまた精神文化の拠り所として脈々と両県州民に愛されてきた共通の経緯がある。双方は、この姉妹道提携を契機として観光、文化、芸術、教育等幅広い分野で密接な交流を行い、相互理解を深めることにより、両古道を中心に互いに発展していくよう努力するものとする。
  この協定が、それぞれの古道の最終地である和歌山県とガリシア州を結ぶ絆として、また、日本とスペインを結ぶ絆として両県州、両国の友好関係を強化し、世界の平和と発展に貢献することを確信する。

  この協定は日本語、スペイン語により共に正文として作成し、署名の日をもって発効するものとする。

    1998年10月9日
  日本国和歌山県知事
西 口  勇
スペイン国ガリシア州首相
マヌエル・フラガ・イリバルネ

 

サンティアゴへの道とガリシア州の概要

サンティアゴへの道は欧州各地よりカトリックの三大聖地のひとつであるスペイン・ ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステラのカテドラル(大聖堂)を最終地とする巡礼路である。ルートとしては幾つかあるが、パリを起点とするフランスルートのピレネー山脈を越えたスペイン側約900キロは1993年に、フランス側は1998年に、当時、道として唯一世界文化遺産に登録されていた。熊野古道とは、

①共に巡礼路としての起源が有り、10世紀初頭の同時期に最初の巡礼が記録されている。
②東洋の東の果てと西洋の西の果てに位置する。
③木の文化と石の文化
④多神教と一神教等の共通点や対照点が有ることにより、世界でも珍しい姉妹道提携を結ぶことに至る。

スペイン・ガリシア州はスペイン北西部の大西洋に面し、ポルトガルの北に接した自治政府州である。

(1)州 都  サンティアゴ・デ・コンポステラ
(2)人 口  2,750,000人・・・・・スペイン17州中5番目
(3)面 積  29,434k㎡・・・・・スペイン17州中7番目(全体の約5.8%)
  州内に4県(アコルーニャ県、ルーゴ県、オウレンセ県、ポンテベドゥラ県)
(4)気 候  気温9~15℃、年間降水量800~2,000mm、日照時間1,799h
(5)言 語  スペイン語、ガリシア語
(6)通 貨 ユーロ

 

日本国和歌山県と中華人民共和国山東省との友好県省関係締結議定書

  日本国和歌山県と中華人民共和国山東省は日中両国国交回復共同声明と日中平和友好条約の精神に基づき相互間の友好関係を推進し、理解と親善を深めるため友好県省関係を締結する。
  双方は、この友好関係締結を新たな起点として、平和友好、平等互恵、相互信頼、長期安定の原則に基づき、経済、貿易、文化、教育、科学技術等の各分野にわたって交流と協力を促進し、日中友好善隣関係と和歌山県・山東省の友好発展のため努力することに同意する。
  この議定書は、等しく正文である日本語及び中国語により作成し、署名の日をもって発効する。

  日 本 国
 和歌山県知事
 仮 谷 志 良
中華人民共和国
 山東省省長
 梁 歩 庭
  昭和59(1984)年4月18日  

 

山東省の概要

歴史 中国の中でも古くから栄えた地域で、中華民族とその文化の発祥の地の一つ。春秋時代(紀元前770年~紀元前403年)には斉魯両国がこの地にあったので、現在でも山東省の略称を「魯」または「斉魯」という。

地勢 中国東部、黄河の下流に位置し、北は河北省に接し、西は河南省、南は安徽省、江蘇省にそれぞれ接する。東方の黄海と渤海に突出する山東半島と西方の泰山山脈を含み、平野率55%、海岸線は3,024kmに及び、総面積は15万7,100k㎡である。


人口 省内の行政区域は、17地級市、31県級市、60県、49市管轄区に区分されており、 総人口は9,579万人(2010年末現在)である。

気候 温帯モンスーン気候に属し、最も暑い7月の平均気温が24~28℃、 最も寒い1月の平均気温が-5℃~1℃である。年間降水量は西部地区が400~600mm、南部、東部地区が 700~900mmである。

産業 石油、天然ガス、石炭、金、ボーキサイト、鉄などの鉱物資源が豊富で、これらの資源を活用したエネルギー産業や化学工業などが発達している。また、小麦、とうもろこし、綿花、落花生、果物等を生産する農業が盛んで、水産業も発達している。2010年現在、山東省の農業生産量は全国第1位を誇り、省全体のGDPは全国第3位、工業生産額、原油・石炭生産量はいずれも全国第2位である。
済南、青島、煙台をはじめとする8市が山東半島経済開放区に指定されており、外国企業等に対する優遇措置がとられている。

日本国和歌山県とフランス共和国・ピレネーオリアンタル県との友好提携協定書

  日本国和歌山県とフランス共和国ピレネーオリアンタル県は両県が相互に理解を深め、友好関係を推進するため、ここに友好提携の協定を締結する。
  双方は、経済、観光、文化、芸術、教育、スポーツ等、幅広い分野で密接な交流を行い、双方の友好を深め、互いの発展を図るよう努力するものとする。
  この協定が和歌山県とピレネーオリアンタル県を結ぶきずなとして、また日本とフランスを結ぶきずなとして両国の友好関係を強化し、世界の平和と発展に貢献することを確信する。
  この協定は日本語、フランス語によりともに正文として作成し、署名の日をもって発効するものとする。

 1993年9月15日    
  日 本 国
 和歌山県知事 仮 谷 志 良
 代 理
 和歌山県副知事 西 口 勇
フランス共和国
 ピレネーオリアンタル県知事
 ルネ・マルケス

 

フランス・ピレネーオリアンタル県の概要

  ピレネーオリアンタル県はピレネー山脈のふもと、スペインと地中海に面したフランスの南端に位置し、スペインのバルセロナ地域などと共にカタロニア王国を形成していた古い歴史を誇る県である。
産業としては果樹、野菜、ワインを中心とした農業が古くから栄えていたが、昨今、サンシプリアンを中心とする地中海沿岸が海洋リゾート地として発展を遂げ、冬季のピレネー山脈におけるスキーリゾートと併せ、観光リゾート産業が中心となりつつある。
(規 模)

(1)面 積  4,183k㎡(和歌山県は4,726k㎡)
(2)気 候  地中海性気候
 年間平均気温 14.9℃
 年間降水量  311mm
 (その年により変化があるが毎年300~400mm程度)
(3)人口  約39万2千人
(4)県都  ペルピニヤン
(5)交通  パリ~ペルピニヤン(飛行機で1時間)
 バルセロナ~ペルピニヤン(車で約2時間)
 ロンドン~ペルピニヤン(飛行機で1時間55分)

 

日本国和歌山県とメキシコ合衆国シナロア州との友好提携協定書

  日本国和歌山県とメキシコ合衆国シナロア州は、永続的な友好関係を確立するため、 ここに正式に友好提携の協定を締結する。
  日墨間の伝統的な友情と誠意ある関係を基盤として、両者は相互理解と友好を深めるため様々な交流を推進し、双方が利益と繁栄を享受できるように、互いに協力しながら 活動を進めることに同意する。両者は、この提携が和歌山県民とシナロア州民との間を 深い友情と尊敬の絆で堅く結び、同時に和歌山県とシナロア州の経済、貿易、社会、文 化的発展に大きく寄与し、その一里塚となることを信じて提携する。
  この協定書は、日本語、スペイン語によりともに正文として作成し、署名の日をもって発効するものとする。

1996年5月20日
   
  日 本 国
 和歌山県知事
 西口 勇
メキシコ合衆国
 シナロア州知事
 ベガ・アルバラード

 

メキシコ合衆国シナロア州の概要

全国32州(含1連邦区)の内の1つ。メキシコ北西部の太平洋側に位置し、3つの空港に加え、鉄道や高速道路網により他の地域と往来が容易である。産業の中核は、野菜 や穀物を主体とした農業で、次に漁業が続く。また、その農業・漁業と関連した加工業も盛んである。

(1)州 都  クリアカン市
(2)人 口  2,767,552人(2010年現在)
(3)気 候  海岸平原沿いでは暑く、峡谷は温暖。山のふもとはやや寒く、海抜の高い所は寒くなる。
 夏期には梅雨もある。平均気温25℃。平均年間降水量 830mm。
(4)面 積  58,238k㎡(メキシコ合衆国第18位、和歌山県;4,726k㎡の約12倍)
(5)農水産業  主な農業産品(丸付き数字は生産量メキシコ国内順位)
   ピーマン①、トウモロコシ①、トマト①、ジャガイモ①、スイカ①、マンゴー①、飼料用モロコシ②
  主な水産品(丸付き数字は生産量メキシコ国内順位)
   カツオ①、エビ②、マグロ③
(6)商工業  食品加工工場や野菜・果物缶詰工場等の食品加工業、牧畜業、水産物養殖
(7)観 光  一年に160万人以上の観光客がシナロアを訪問
(8)言 語  スペイン語
(9)通 貨  ペソ


日本国和歌山県とアメリカ合衆国フロリダ州との姉妹提携協定書


 日本国和歌山県とアメリカ合衆国フロリダ州は永続的な友好関係を確立するため、こ こに正式に姉妹提携の協定を締結する。
  日米間の伝統的な友情と誠意ある関係を基盤として両者は相互理解と友好を深めるため様々な交流を推進し、双方が利益と繁栄を享受できるように、互いに協力しながら活動を進めることに同意する。両者はこの提携が和歌山県民とフロリダ州民との間を深い友情と尊敬の絆で堅く結び、同時に和歌山県とフロリダ州の経済、貿易、社会・文化的 発展に大きく寄与し、その一里塚となることを信じて提携する。
  この協定は日本語、英語によりともに正文として作成し、署名の日をもって発効するものとする。

1995年10月4日
   
  日 本 国
 和歌山県知事
 仮 谷 志 良

アメリカ合衆国
  フロリダ州知事 ロートン・チャイルズ
  代理
  フロリダ州副知事 バディ・マッケイ

 

アメリカ合衆国フロリダ州の概要

フロリダ州は海洋リゾート地として広くその名を知られ、特に温暖な気候とマイアミ など素晴らしいビーチを持つことから避寒客が多い。ディズニーワールド、ユニバーサルスタジオ、シーワールドなど国際規模のテーマパークも多く世界有数の観光産業の盛んなところとなっている。また、柑橘を中心とした農業、長い海岸線を利用した漁業が盛んな他、最近はケネディー宇宙センターに代表されるエレクトロニクスなどのハイテク産業の発展がめざましい。

(1)位 置  アメリカ大陸東南端、フロリダ半島に位置する。
  フロリダ半島の先のキー群島に位置するキーウェストはアメリカ本土最南端。
(2)面 積  14万210k㎡(和歌山県は4,726 k㎡)
(3)人 口  約1,600万人(全米第4位)
(4)州 都  タラハッシー
(5)気 候  温帯及び南部は亜熱帯
  州のニックネームはサンシャインステートと言い、太陽に恵まれ温暖な気候で有数の避寒地である。
(6)州の花  オレンジ・ブラッサム


このページ上部に戻る↑