現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 人権政策課・人権施策推進課 > 人権尊重の社会づくりへの取組

企画部人権局

 

人権尊重の社会づくりへの取組

県のとりくみ

(条例・規則)

和歌山県人権尊重の社会づくり条例
(平成14年4月施行)

和歌山県人権施策推進審議会規則

 和歌山県では、すべての人の人権が尊重される社会をめざしています。 誰もが人権を守られる社会は、私たちみんなの願いです。 そして、人権尊重の社会をつくりあげていくのは、この社会を構成している私たち一人ひとりです。
平成14年4月に「和歌山県人権尊重の社会づくり条例」を施行し、 すべての人権が尊重される新しい時代の豊かな社会づくりのため、 行政が主体的に取り組むことを明らかにし、 人権行政の政策提言機能の充実を図るため「和歌山県人権施策推進審議会」を設置しています。

(計画・方針)

和歌山県人権施策基本方針(第二次改定版)

和歌山県人権施策基本方針(第二次改定版)概要版

 条例に掲げる人権尊重の社会の実現を目指した施策を、総合的・計画的に推進するため、 各種施策の基本的方向や基本的な取組を定めています。

和歌山県人権施策基本方針第二次改定版           和歌山県人権施策基本方針第二次改定版概要版

(附属機関)

和歌山県人権施策推進審議会

  各人権分野に精通した方15名以内で組織されています。 審議会では人権施策基本方針に関する事項を審議するほか、知事の諮問に応じ人権尊重の社会づくりに関する基本的事項を審議します。 また、人権尊重の社会づくりに関する基本的事項に関し、知事に意見を述べることもできます。

(意識調査)

平成25年度人権に関する県民意識調査報告書
平成25年度事業所アンケート調査報告書
pdf形式のファイルです 調査結果の概要版 【PDFファイル 868KB】

  平成25年6月1日から6月21日にかけて、 満20歳以上の県民3,000人及び県内に所在する民営事業所1,000事業所を対象に、 人権に関する意識及び事業所における人権に配慮した取り組みの実態を把握するためにアンケート調査を実施しました。

人権教育のための国連10年和歌山県行動計画

  「人権教育のための国連10年」とは、人権教育を通じて個人の尊厳を確立し、 世界平和の礎を築くために国際連合が定めた期間(平成7~16年)のことで、 全政府に対し人権尊重の強化のための教育・啓発の推進を呼びかけました。
これを受け、我が国においても平成9年に 「『人権教育のための国連10年』国内行動計画」 が策定されました。 この国内行動計画の趣旨に沿って、より具体的に人権行政を推進するため、 本県では「『人権教育のための国連10年』和歌山県行動計画」を策定しています。 本計画では、和歌山県における人権問題の現状を明らかにし、取り組むべき人権教育啓発の基本的な方向を示しています。


(注)この行動計画(目標年次:平成16年)を受け継ぐものとして、 和歌山県人権施策基本方針 を平成16年8月に策定しています。

 このページには一部PDF形式のファイルを掲載しています。 PDF書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。 PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。 (Acrobat Readerは、Adobe社のサイトから無料でダウンロードできます。)

無料ダウンロード→ Acrobat Reader Adobe社のサイトへ

このページ上部に戻る↑