現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 人権政策課・人権施策推進課トップページ >「部落差別の解消の推進に関する法律」が成立しました

企画部人権局                  

  「部落差別の解消の推進に関する法律」が成立しました

  県では、県民の皆さんとともに、これまで同和問題の解決をめざし長年にわたり様々な取組を進めてきました。
  その結果、同和問題は解決に向かってはいるものの、未だに許しがたい差別事件が起こっています。
  また、全国的にみても、インターネット上に同和地区と称して多数の地名や地域を書き込むなどの行為が今なお発生しています。
  このような中、部落差別は許されないものであるとの認識のもと「部落差別の解消の推進に関する法律」が平成28年12月9日に成立しました。
  この法律の成立は昨年9月に県議会から出された意見書が大きな契機となりました。
  また、県におきましても、あらゆる人権問題の解決に向けた施策の推進を国に対して要望を行ってきたところであり、この法律は人権問題の一つである同和問題の解決に資するものであると考えております。
  法律では、部落差別の解消の必要性について国民の理解を深めるよう努めることにより、部落差別のない社会を実現することをめざしたもので、国及び地方公共団体に対し、部落差別の解消に関する施策として相談体制の充実や教育啓発の推進を求めています。
  県では法律の趣旨をふまえ、同和問題の解決のため市町村等と連携しながら引き続き積極的に取り組んでまいります。
  私たち一人ひとりが力を合わせて、差別や偏見のない豊かで明るい社会を築きましょう。

    

    ■ 部落差別の解消の推進に関する法律

    ■ 同和問題に関する相談窓口



  
                         

 


      adobereader  (←PDFファイルを読み込むための「Adobe Reader」のダウンロードはこちらからできます。)

 


                                                     
人権局のホームページに戻る