現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 地域政策課トップページ > 水資源に関するページ > 全日本中学生水の作文コンクール

全日本中学生水の作文コンクール

 「水の週間」の行事の一環として、水資源の有限性や水の貴重さ等について理解を深めるため、次代を担う中学生を対象に作文コンクールを実施しています。

☆メインテーマ「水について考える」

  皆さんは普段使っている水がどこからきて、使用後にどこに流れていくのかを知っていますか?

  私たちが何気なく使っている水を、安全に安心して使うことが出来るのは、いろいろな人たちに支えられているおかげです。水を利用するための施設を建設、運用、管理している人たちや、その施設をつくるために協力してくれた水源地域の方々、私たちが使った水をきれいにしてまた自然へ返すために仕事をしている人たちがいます。このような人たちに支えられて、私たちは毎日安全に安心して水を使うことができます。

  また、普段、私たちに潤いをもたらしてくれる水も、雨として集中的に降れば洪水が発生します。ずっと降らなければ渇水になってしまいます。このような自然災害が毎年のように各地で発生しています。世界に目を向ければ、きれいな水を使えない人たち、使えない国はまだまだあります。普段、当たり前のように使っている水ですが、実は知っているようで知らないことが多いと思います。

  この機会に、水についての理解を深めるとともに、皆さんが暮らしの中で体験している水にまつわる話や、家庭、学校、地域で学び聞いた話、自分で調べたことなどをもとに、水について考え、「水」への思いを作文にしてみましょう。

全日本中学生水の作文コンクール応募ポスター

○作文募集

   第39回 作文募集について 【終了しました】

○入賞作品集

   第39回和歌山県入賞作品集

   第38回和歌山県入賞作品集

   第37回和歌山県入賞作品集

   第36回和歌山県入賞作品集

   第35回和歌山県入賞作品集

   第34回和歌山県入賞作品集

   第33回和歌山県入賞作品集

   第32回和歌山県入賞作品集

○国土交通省ホームページ

   第39回(平成29年度)全日本中学生水の作文コンクール