現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 企画総務課 > 和歌山県データ利活用推進ホームページ > 和歌山県データを利活用した公募型研究

和歌山県データを利活用した公募型研究

和歌山県データ利活用ホームページ
和歌山県の取組方針政府関係機関の地方移転和歌山県データ利活用推進センター有識者ネットワーク・アドバイザリーボード和歌山県でエータ利活用推進プラン

平成29年度和歌山県データを利活用した公募型研究事業の
業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について【募集は終了しています】

 和歌山県は、エビデンスに基づく行政を推進するとともに、全国にデータ利活用の重要性・有用性を発信するため、「和歌山県データを利活用した公募型研究事業」を実施します。
 つきましては、公募型プロポーザル方式により事業者を選定しますので、参加を希望される場合は、下記の業務仕様書をご確認いただき、プロポーザル実施要領に従って応募してください。

 

【審査結果】
  和歌山県データを利活用した公募型研究事業者選定委員会による審査の結果、下記のとおりとなりました。

 1.開催日時 平成29年6月15日(木) 12時45分~16時

 2.委託候補者
    テーマ① 和歌山県の過疎地域における集落の維持・活性化と再編
           大阪市立大学 水内 俊雄 教授    245点

            ※次点以下の者の評価点
             ・事業者A                 200点
             ・事業者B                 165点
             ・事業者C                 140点

    テーマ② 和歌山県の健康寿命の延伸
            東海大学 立道 昌幸 教授      235点

            ※次点以下の者の評価点
             ・事業者D                 230点
             ・事業者E                 210点
             ・事業者F                 210点
             ・事業者G                 170点
             ・事業者H                 160点
             ・事業者I                  155点
             ・事業者J                 140点

 
【公募概要】チラシをご覧ください
(1)研究テーマ(2題から選択)
   ①和歌山県の過疎地域における集落の維持・活性化と再編
   ②和歌山県の健康寿命の延伸
(2)研究費  1研究当たり、上限200万円
(3)研究期間 平成29年7月頃~(最大3ヶ年度まで選択可)
(4)採択件数 研究テーマ毎に1件(予定)
(5)スケジュール
  ・実施要領等に関する質問受付 平成29年5月15日(月)17時まで
  ・プロポーザルへの参加表明 平成29年5月15日(月)必着
  ・応募申請書、研究提案書等受付 平成29年5月22日(月)必着
  ・選定委員会の開催 平成29年6月中旬~下旬(予定)
 
【様式等】
 〇業務仕様書
 〇プロポーザル実施要領
 ・様式1~4、6  (Excel)(PDF
 ・様式5 研究提案書(Word) (PDF
 〇審査項目及び配点
 
【関連する主な政府統計調査等】
 ①和歌山県の過疎地域における集落の維持・活性化と再編
  ・過疎地域等条件不利地域における集落の現況把握調査(国土交通省、総務省)
 ②和歌山県の健康寿命の延伸
  ・都道府県別生命表(厚生労働省)
  ・人口動態統計(厚生労働省)
  ・国民生活基礎調査(厚生労働省)
  ・国民健康・栄養調査(厚生労働省)
  ・特定健康診査・特定保健指導に関するデータ(厚生労働省)
  ・就業構造基本調査(総務省)
  ・社会生活統計指標-都道府県の指標-(総務省)
 
【関連する和歌山県の統計調査等】
 ①和歌山県の過疎地域における集落の維持・活性化と再編
   特になし
 ②和歌山県の健康寿命の延伸
  ・平成28年度県民健康・栄養調査(標本数 約900)
   (リンク先は平成23年度)
  ・平成28年度生活習慣に関する調査(標本数 約4,000)
    調査の概要(別紙)
※県が実施した調査については個票データの提供が可能ですが、必ずしも分析に適した形式で提供できる訳ではありません。
 
【担当及び問い合わせ先】
 和歌山県企画部企画政策局企画総務課
  電 話:073-441-2334(直通)
  FAX:073-422-1812