現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 災害対策課 > 和歌山県防災航空センター

和歌山県防災航空センター

和歌山県防災ヘリ きしゅう
防災ヘリの写真

 

【導入背景】

 阪神・淡路大震災では、道路や鉄道に壊滅的な被害を受けました。このため、緊急車両も動きがとれず、救助や支援活動は困難な状況となりました。
 和歌山県では、こうした教訓を踏まえて、「県地域防災計画」を大幅に見直すとともに、平成7年10月に広域的かつ機動的な活動ができる県防災ヘリコプター「きしゅう」を導入し、南紀白浜空港を基地として、平成8年3月9日から運行を開始しました。
 このヘリコプターには、救急資機材や空中消火の装置等が備えられており、山林火災の消火や救急患者の搬送等に活躍しています。
 基地がある白浜は県のほぼ中央に位置しており、ヘリを利用すれば約24分で県の全域をカバーすることができます。
 防災航空隊は、県民の尊い生命・身体や貴重な財産を、空から守る任務に日々携わっています。

 

防災ヘリ出動範囲

【組織体制】

 防災航空センターは、県内の消防本部(17消防本部の内7消防本部)から派遣された職員からなる「和歌山県防災航空隊」(隊長以下10名)、及び、運航管理委託業者(操縦士、整備士、運航管理者)、県事務職員で構成されています。

【関連情報】

<活動内容>

  • 災害応急対策活動
  • 救急活動
  • 火災防御活動
  • 救助活動
  • 災害予防活動
  • 防災訓練への参加等

<運航体制>

運航時間 日の出から日没までとする。
運航期間 1年365日とする。
運航管理 パイロット(2名)、整備士(4名)、運航管理者(1名)の提供、ヘリの運航管理及び整備の業務等を外部委託している。

 

<業務統計>

平成28年度 業務統計

平成27年度 業務統計

平成26年度 業務統計

平成25年度 業務統計

平成24年度 業務統計

 

和歌山県 防災航空センター
〒649-2211 西牟婁郡白浜町3031-56
Tel:0739-45-8211
Fax:0739-45-8213
e0109021@pref.wakayama.lg.jp