現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 行政改革課 > 中期行財政経営プラン

総務部総務管理局行政改革課

「中期行財政経営プラン」(平成29年度~平成33年度)について

 和歌山県では、数次にわたる行財政改革推進プランに基づき、不断の行財政改革に取り組んできた結果、簡素で効率的な体制の構築や、財政状況の改善に着実な成果をあげてきたところです。
  今後、高齢化に伴い増嵩する社会保障関係経費や公共施設等の老朽化、さらには国の財政健全化に向けた動向による地方財政への影響などに対応していく必要があります。
  また、長期総合計画を実現するためには、本県の行財政基盤が将来にわたり持続可能であることが最低限の条件となります。
  このため、「長期総合計画の実現」と「将来にわたる持続可能な行財政運営の確保」の両立をめざし、今後の行財政運営の方向性について具体的な目標を定めるとともに、これまでのプランにはなかった組織力の向上という県庁組織の経営に関わる部分についても方向性を示した「中期行財政経営プラン」を策定しました。

 ●中期行財政経営プランの概要

 ●中期行財政経営プラン

 

パブリックコメントの結果

 

<旧プラン関係>
 ●新行財政改革推進プラン(改定版)【平成24年度~平成28年度】
 ●新行財政改革推進プラン 【平成20年度~平成24年度】