現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す> 行政改革課 > 新行財政改革推進プラン

総務部総務管理局行政改革課

 行政改革課では、行政経営の観点による新しい手法を取り入れた行政改革の推進に取り組んでいます。

新行財政改革推進プラン(改定版)

 和歌山県では、平成20年3月に「新行財政改革推進プラン」を策定し、人件費総額の削減や、事務事業の見直し等による財政の健全化に取り組み、危機的な財政状況は着実に改善してきたところです。

 一方、紀伊半島大水害からの復興や防災対策など、新たな行政需要が生じており、今後さらにマンパワーが必要になります。また、これまで着実に改善されてきた財政状況を悪化させてはならないため、これらのバランスをとりながら、県政を進めることが必要であると考えています。

 そこで、平成24年度から平成28年度までを見通し、引き続き行財政改革に取り組むものとして、これまでの行財政改革への取組の進捗等を踏まえ、「新行財政改革推進プラン(改定版)」を平成24年3月に策定したところです。

 

 《参考》旧プラン関係

  ◆ 新行財政改革推進プラン【平成20年3月策定】

  新行財政改革推進プランの実施方針について

    (公の施設等、外郭団体等、補助金の見直しに係る実施方針)

 

■行財政改革への取組について

平成28年度組織の新体制

平成28年度事務事業評価

指定管理者制度

地方行政サービス改革の取組状況

和歌山県行政手続条例

行政不服審査

■資料

  1. 「地方行政サービス改革の推進に関する留意事項について」(H27年8月28日総務省) PDFアイコン
  2. 「和歌山県組織機構図」(H28年4月1日現在)PDFアイコン

(行政改革課の概要)


PDF書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。Acrobat ReaderはAdobe 社のサイトから無料でダウンロードできます。