現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す>危機管理・消防課 > 「世界津波の日」が制定されました!

世界津波の日が制定されました

 国連総会で「世界津波の日」制定に関する決議案が採択され、毎年11月5日が「世界津波の日」となりました。(2015年12月22日ニューヨーク現地時間)

 「世界津波の日」が11月5日とされたのは、本県の偉人である濱口梧陵翁の「稲むらの火」による人命救助と、その後、私財を投じて広村堤防を築堤することにより村の復旧・復興につなげたことにちなんだものです。

 「世界津波の日」の制定により、濱口梧陵翁の功績が世界中に広まることは本県にとって非常に名誉なことです。

 「世界津波の日」の制定が、津波に対する国際社会の意識を高め、津波による犠牲者をなくすものとなることを期待するとともに、世界に向けて発信していきます。

「世界津波の日」

 ◆「世界津波の日」の県内行事

 ◇平成27年度及び平成28年度の取組(PDF)

 

 ◆参考

 ◇「濱口梧陵」とは

 ◇「稲むらの火」とは

 ◇外務省報道発表(PDF)

 

 ◆関連リンク

 ◇稲むらの火の館

 ◇広川町

 ◇外務省(世界津波の日)

 ◇内閣府(津波防災の日)

 ◇国土交通省(濱口梧陵国際賞)