Listen to this page using ReadSpeaker
防災わかやま
  メニュー |地震対策・風水害対策関係パンフレット調査・報告書関係防災計画・指針関係
トップページ > 災害に備えて >防災GISデータ掲載

防災GISデータ掲載

(留意事項)

  1. データを活用して資料を公開する場合は、事前に和歌山県防災企画課の許可を得てください。
  2. データの利用により生じた損害については、理由を問わず利用者が責任を負います。
  3. 最新のデータについては別途お問い合わせください。

1 洪水

当該区域が浸水した場合に想定される水深を示したもの。
2 避難場所(緊急避難先)
大地震時に周辺地区からの避難者を収容し、地震後発生する市街地火災や津波から避難者の生命を保護するために必要な面積を有する公園、緑地等。
災害が発生したときに一時的に避難する場所。
避難場所と避難所とは、相互に兼ねることができるため、重複して指定されている施設等。
3 避難所(中長期開設)
災害が起きたときに自宅が住めなくなった方が、一定期間、避難生活をする場所。
介護の必要な高齢者や障害者など一般の避難所では生活に支障をきたす人に対して、ケアが行われるほか、要援護者に配慮した避難所。
4 河川
降雨がその河川に流入する全地域(範囲)
堤防等河川管理施設を保全する必要があるとき、堤内地の樹林帯区域を除く必要最小限(50m以下)の区域。
河川区域は洪水など災害の発生を防止するために必要な区域であり、河川法が適用される区域。
河川区域は洪水など災害の発生を防止するために必要な区域であり、河川法が適用される区域。
5 津波
東海・東南海・南海3連動地震による浸水想定。
南海トラフの巨大地震による浸水想定。

 

Adobe PDF PDFファイルをご利用の際は、 Adobe Reader (Adobe社)が必要です。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
ページの先頭へ↑

© copyright(c) 和歌山県総務部危機管理局防災企画課All Rights Reserved.