Listen to this page using ReadSpeaker
防災わかやま
トップページ災害・被害情報避難情報災害に備えて
  メニュー |地震対策・風水害対策関係パンフレット調査・報告書関係計画・指針関係
  トップページ > 災害に備えて > 調査・報告書関係 > 平成25年公表 津波浸水想定

【平成25年 和歌山県の津波浸水想定について】


 和歌山県では南海トラフの巨大地震等に係る津波浸水・地震被害想定を実施するにあたり、地震・津波防災対策の専門家から、科学的知見に基づいた助言をいただくために「和歌山県地震・津波被害想定検討委員会」(以下、委員会)を昨年4月に設置し検討を行いました。

今回、委員会での意見を参考に、「南海トラフの巨大地震(2012内閣府モデル:Mw9.1)」と「東海・東南海・南海3連動地震(2003中防モデル:Mw8.7)」の2つの浸水想定を行いましたのでお知らせします。

 

※詳細は「津波浸水想定について」をご覧ください。(以下をクリックしてください)

津波浸水想定についてPDF

 

1 【2つの地震による浸水想定を公表する意義 】

  (1)県民に正しく伝え、「正しく恐れる」ことを周知

    ・「南海トラフの巨大地震」は、次に起こる地震として想定されたものではありません。

    → 避難を諦めず、県民一人一人が「揺れたらまず逃げる」ことを徹底しましょう。

    ・これまでの努力や積み重ねは無駄ではありません。今後も日々安全度を高めるための取組を積み
     重ねることが重要です。

    → 避難訓練参加や家具固定化など、できることから実行しましょう。

  (2)目標を明確に定め、防災・減災対策を着実に実施

    ・「南海トラフの巨大地震」は、千年〜万年で1回程度発生するかどうかの地震のため、避難対策により
     県民の生命を守ります。

    → 実践的な避難訓練の実施、津波防災教育の徹底、避難路整備 等

    ・「東海・東南海・南海3連動地震」は、100年前後で発生する地震のため、ソフト・ハード対策両面で、
     県民の生命と財産を守ります。

    → 避難路整備、避難先の確保、堤防・護岸の整備 等

2 【2つの被害想定】

  (1)南海トラフの巨大地震による浸水想定

    ・内閣府が平成24年8月に公表した浸水想定を基に、より詳細な地形データ等を用いて想定したもの。

    ・地震の規模は、Mw9.1

    ・発生頻度は極めて低いが、仮に発生すれば、被害が甚大なもの。対策が非常に困難。

    ・「何としても逃げ切る」ためのソフト対策を中心とした防災・減災対策を検討するために想定した。

 

※南海トラフの巨大地震の浸水想定図及び津波シミュレーション(動画)は以下をクリックしてください。

南海トラフの巨大地震の浸水想定図はこちらから

南海トラフの巨大地震の津波シミュレーション(2D動画及び3D動画)はこちらから

 

  (2)東海・東南海・南海3連動地震による浸水想定

    ・内閣府が2003年(平成15年)に宝永地震、安政地震など実際に発生した地震を基に想定した、
     従来から 本県が防災・減災対策の「想定津波」としてきたもの。

    ・地震の規模は、Mw8.7

    ・約100年周期で発生する、頻度が高く、先ず対策が必要なもの。

    ・引き続き、県民の命と財産を守るため、ソフト対策、ハード対策による防災・減災対策の「想定津波」の
     中心とするため、今回、新しい地形データ等を用いて設定した。

 

※東海・東南海・南海3連動地震(今回の検討結果)の浸水想定図及び津波シミュレーション(動画)は以下を
  クリックしてください。

東海・東南海・南海3連動地震(今回検討結果)の浸水想定図はこちらから

東海・東南海・南海3連動(今回検討結果)の地震津波シミュレーション(2D動画及び3D動画)はこちらから

 

※H17年の既往検討結果の閲覧は以下をクリックしてください。

東海・東南海・南海3連動地震(H17年検討結果)はこちらから

 

              【津波浸水深等の説明】

津波浸水深等の説明

 

 

 
Adobe PDF PDFファイルをご利用の際は、 Adobe Reader (Adobe社)が必要です。
お持ちでない方は左のアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
ページの先頭へ↑

© copyright(c) 和歌山県総務部危機管理局防災企画課All Rights Reserved.
問い合わせ 企画班 073-441-2271